東京都・田町(三田)のスタジオ スタジオアーキタンツ studio ARCHITANZ

満員御礼!New Adventures『眠れる森の美女』のレパートリーを学べる1dayスペシャル・ワークショップ!

_MG_8246_photo-danilo-moroni

※急遽アラン・ヴィンセントが帰国となった為、講師がフィリップ・キングと友谷真実 へ変更となりました。突然の変更となってしまい、大変申し訳ございません。
新講師のプロフィールについては下記をご覧下さい。

ニュー・アドベンチャーズのカンパニーメンバーで結成され、マシュー・ボーンの作品を中心に世界各地でワークショップを教えるカンパニー『Re:Bourne』が、今年9月に日本初上陸となる『眠れる森の美女』の公演に先駆け、レパートリーも学べる1日限定のスペシャル・ワークショップをアーキタンツで開催します!

<ニュー・アドベンチャーズ>
演出・振付家マシュー・ボーンにより2002年に設立。(1987〜2002年はAdventures in Motion Pictures、通称AMPのカンパニー名で活動)バレエ古典作品を斬新な解釈により新しい世界観に作り上げる手法と演出が、世界の様々な層のダンスファンを魅了し注目を集め続けている。
特に男性が白鳥を踊る『白鳥の湖』はバレエの興行史上ロングランを記録し、トニー賞やオリヴィエ賞を含む30以上の国際的な賞を受賞。マシュー・ボーンの演出するオリジナリティ溢れる作品はどれも新鮮で、バレエという枠を超えて誰もが楽しめるエンターテイメントになっている。

_MG_7973_photo-danilo-moroni
講師
フィリップ・キング、友谷真実 |Philip King, Mami Tomotani
日時
2016年9月10日(土) 17:30 – 20:30
内容
マシュー・ボーンがクリエーションの過程で要としているキャラクターの表現方法や、レパートリーを学ぶワークショップです。
コンテンポラリークラスと幾つかのエクササイズを通してウォームアップを行い、動きを通して物語やキャラクターを空間で語る方法を追求しながら、表現方法の可能性を深めていきます。
また、実際に『眠れる森の美女』の中から抜粋された振付けを学びながら、動きそのものだけではなく振付けが生まれた背景や動きの意味を感じ取り、各自の個性と融合させながら自分自身の表現へと発展させていきます。
※ワークショップの様子は記録として撮影させていただく事がございます。
カンパニーのWebサイト等に掲載する可能性がございますので予めご了承下さい。
クラスレベル・対象
高校生以上、ダンス歴3年以上(ジャンルは問いません)
持ち物
動きやすい服装、靴下
受講料
4,000円 各種チケット、クレジットカード:利用不可
定員:30名 
定員に達した為、募集を終了いたしました。
たくさんのお申し込みありがとうございました!
*ご予約のお支払いは9月5日(月)までにスタジオ受付、または銀行振込でお願い致しております。
*【注意】キャンセルをご希望の場合は、9月5日(月)までにお申し出下さい。未入金でありましても、9月6日以降にキャンセルされる場合はキャンセル料として受講料全額のお支払いが発生しますのでご注意下さい。
お申込み方法
ご予約はスタジオ受付またはお電話、メールで受付けております。 メールでのお申込みの際は、以下の内容をご明記の上、問い合わせフォームをご利用ください。
① ご希望のワークショップ名:New Adventuresレパートリー・ワークショップ 
② お名前(ふりがな)
③ ご年齢
④ 性別
⑤ お電話番号
⑥ 年齢
⑦ ダンス歴
お支払い方法
受講料は期限までにスタジオ受付でお支払い頂くか、下記銀行口座へご予約者名でお振り込み下さい。
【振込先】
みずほ銀行
芝浦シーバンス支店(母店:浜松町支店)店番/148
普通預金 口座番号/1084195
名義/スタジオアーキタンツ
※振込手数料はご負担下さい
会場・問い合わせ先
スタジオ アーキタンツ
東京都港区芝浦1-13-10 第3東運ビル4階 (地図)
TEL:03-5730-2732
※メールでのお問い合わせは、問い合わせフォームをご利用ください。

プロフィール

Philip King|フィリップ・キング
※アラン・ヴィンセントが急遽帰国となった為、フィリップ・キングに変更となります。

King, Phil

英国ランカスター出身。
2006年よりランベールスクール・オブ・バレエ・アンド・コンテンポラリーダンスにて学ぶ。
卒業後、ランベールダンスカンパニーのプルミエ作品『A Linha Curva』に出演。2009年よりヴィエナ・フェスティバル・バレエにて、くるみ割り人形、白鳥の湖、眠れる森の美女などの作品で主役を踊る。
その後、スイスのリビエラバレエ団にゲストダンサーとして参加した後、ニューヨークシアターバレエへ入団。ホセ・リモン、リチャード・オールストン、マース・カニングハム、アントニー・チューダーなどの作品で主要な役を務めた。

英国へ帰国後、イングリッシュ・ナショナル・バレエ『ロミオとジュリエット』などへの出演を経て、2014年にNew Adventuresへ入団。カンパニーメンバーとして『Lord of the Flies』に出演。
その後、バレエ・ウェストへゲストアーティストとして『ロミオとジュリエット』のマキューシオ役で参加するなどした後、2015/2016シーズンよりNew Adventuresに再入団。現在『眠れる森の美女』のアジアツアーに参加中。

Mami Tomotani|友谷 真実

Tomotani, Mami

福岡県出身。
川副バレエスクール、劇団四季研究所で学んだのち、15歳で劇団四季に入団。『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『ウェストサイド・ストーリー』、『オペラ座の怪人』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ハンス』などに出演。1999年よりマシュー・ボーン率いるAMPのカンパニーメンバーとしてイギリス公演や海外ツアーに参加。
『くるみ割り人形』、『カーマン』、『愛と幻想のシルフィード』、『白鳥の湖』、『眠れる森の美女』、『エドワード・シザーハンズ』などの作品で主要な役を踊るほか、2013年の『ドリアン・グレイ』日本公演ではアシスタント・リハーサルディレクターを務めた。

イギリス、アメリカ、日本を中心にニュー・アドベンチャーズ『Re:Bourne』プログラムのワークショップ講師を担うほか、ゲスト講師としてアメリカのカーネギーメロン大学や、ラガーディア高校、日本やイギリスの専門学校などでもダンスを教えている。現在、ニューヨークのミュージカルプログラム『The Broadway Experience』でアシスタントディレクター、講師、コーディネーターを務めている。


最新の記事