東京都・田町(三田)のスタジオ スタジオアーキタンツ studio ARCHITANZ

2年に一度の「Dance New Air 2016」最終日に、アーキタンツにてスペシャル・ワークショップを開催します!

giuliana_mele giacomo_todeschi2

 

 

 

 

「Dance New Air 2016」で日本初演となる作品、向井山朋子の『La Mode(ラ・モード)』に出演するイタリア・ローマのスペルバウンド・コンテンポラリー・バレエのダンサーによるスペシャル・ワークショップをスタジオアーキタンツにて開催します。
初来日の彼らと直接出会い、多彩なダンスの可能性を体験して下さい!

DNA関連企画に参加された方に特製フェスティバルTシャツをプレゼント!
2012年かの好評企画、ミナ ペルホネン特製フェスティバルTシャツのプレゼント企画を今年も行います!
パフォーマンス、ダンスフィルム、ワークショップ、ダンス保育そして連携公演のうち、2つ以上のプログラムのチケット5枚でDNA2016会期中のメインプログラム公演終了後にスパイラルホール会場受付にてお渡しいたします。(なくなり次第プレゼントは終了)

DANCE NEW AIR 2016 » 特製フェスティバルTシャツ

「Dance New Air」=DNA
このフェスティバルの名称には、私たちの身体の奥底に存在する古代から引き継がれてきた「踊ること」「踊りを楽しむこと」のDNAを引き継ぎ、未来へ向けてこのDNAを繋いでいく思いを込めています。
数多あるダンスのジャンルの一つであるコンテンポラリーダンスは、自由な表現を伴い多くの可能性を秘めていますが、その芸術性、奥深さ、醍醐味を知り楽しむ人は、まだまだ限られています。芸術を鑑賞し、 その体験を自分の生活の中へ取り入れ、日常へと還元していくことはどれだけ豊かな人生になることでしょう。
Dance New Airは、コンテンポラリーダンスとこれから出会う人々へ向けて、最初の入口となる扉を開け放つ役割を担っています。あらゆる世代が文化・芸術を身近なものとして体験できる場として、このフェスティバルが存在し、感受性豊かな独創力とコミュニケーション能力を育んでいくことを目指し、2年に一度のフェスティバル開催を続けています。
ダンスの今、そして未来を体感してください。

 

講師
スペルバウンド・コンテンポラリー・バレエ 所属
ジュリアーナ・メーレ|Giuliana Mele
ジャコモ・トデスキ|Giacomo Todeschi 
日時
2016年10月10日(月・祝) 10:00 – 11:55
※ 開催時間が変更になりましたので、ご注意ください。
内容

Spellbound Companyのメンバーが教えるコンテンポラリーバレエワークショップ
このクラスでは、様々な動きのパターンやダイナミックな動きに出会うことが出来、さらにそれぞれの動きの限界に挑戦していきます。
今回クラスで行うマウロ・アストロフィステクニックはクラシックバレエの動きを主体として、流動性を探求していくユニークなスタイルです。
コンテンポラリーダンス初心者の方でもお気軽にご参加いただけます。

クラスレベル・対象
初級(ダンス経験3年以上)
持ち物
動きやすい服装、靴下
受講料
3,500円 各種チケット、クレジットカード:利用不可
定員:20名
*ご予約のお支払いは10月6日(木)までにスタジオ受付、または銀行振込でお願い致しております。
*【注意】キャンセルをご希望の場合は、10月6日(木)までにお申し出下さい。未入金でありましても、10月7日以降にキャンセルされる場合はキャンセル料として受講料全額のお支払いが発生しますのでご注意下さい。
お申込み方法
ご予約はスタジオ受付またはお電話、メールで受付けております。 メールでのお申込みの際は、以下の内容をご明記の上、問い合わせフォームをご利用ください。
※お問い合わせの際、3日以内にアーキタンツよりご連絡がない場合はお手数ですがスタジオに直接お電話にてお問い合わせ頂きますようお願い致します。
* ご希望のワークショップ名:10/10DNAワークショップ
① お名前(ふりがな)
② お電話番号
③ e-mailアドレス
お支払い方法
ご予約のお支払いは10月6日(木)までにスタジオ受付、または銀行振込でお願い致しております。
会場・問い合わせ先
スタジオ アーキタンツ
東京都港区芝浦1-13-10 第3東運ビル4階 (地図)
TEL:03-5730-2732
※メールでのお問い合わせは、問い合わせフォームをご利用ください。

講師

ジュリアーナ・メーレ|Giuliana Mele(2009年よりSpellbound Companyに在籍)

giuliana_mele
イタリアのプリーア州でトレーニングを始める。
マウロ・アストリフィ(Mauro Astolfi)、ユバル・ピック(Yuval Pic)やドミトリ・キャバディン(Dmitri Chabardin)などに師事。
2008年、キトンド・エクストレームシアターカンパニーにて“Carillon”(カリロン)に参加し、中国、ルーマニア、ポルトガルにて公演。
2009年11月、Spellbound Companyの公演に参加。

ジャコモ・トデスキ|Giacomo Todeschi (2009~14/2016~Spellbound Companyに在籍)

giacomo_todeschi2

2003年、器械体操を始めたのがきっかけとなり、イタリアでバレエとコンテンポラリーダンスの練習を始める。
2005年、モンテカルロにてモナコ・プリンセス・グレース・アカデミーの校長マリカ・ベソブラソヴァによるサマーインテシブ参加メンバーに選抜される
2009年、Spellbound Companyのツアーに参加し、世界を回り成功を収める。その後、振付家であるMauro Astolfiの振付アシスタント兼主要パフォーマーとしてカンパニーの世界ツアーに参加した。
2010年、ナイジェリアの首都アブジャで開かれた「ナイジェリア独立50周年記念イベント」に自身の作品を提供。
2012年より、ローマの大学の芸術学部にて、コンテンポラリーダンスやSpellboundのレパートリーを教える。
2014年、ドイツはベルリンにてDaniel Ezralowの作品“Open”、そしてMaria Terpugavaのプロジェクトにて“Zwischewelten”を踊る。
2015年、Spellbound Companyを離れ、フリーランスとしてヨーロッパを拠点に活動開始。
スペイン人振付家Marcos Morauの“La Veronal”にディレクターとして参加し1年間のツアーを行った。

Spellboundのウェブサイトはこちら

 


アーキタンツとDNAが提携してお届けしているワークショップ一覧はこちらです!http://dancenewair.tokyo/program05

dna_logo_color1

 


最新の記事