東京都・田町(三田)のスタジオ スタジオアーキタンツ studio ARCHITANZ

ARCHITANZ 2016 ダブル・ビル|音楽とダンスの蜜月な関係
本日はREENをピックアップ致します。
東京初演となる『REEN』という作品についてのご紹介です!


A4_inside
『REEN(レーン)』

『REEN』は2010年にチェコ・プラハを拠点として活動をしているダンスカンパニー”420PEOPLE”を率いる振付家ヴァツラフ・クネシュによって上演され、その後、初演メンバーであった渡辺レイが主宰する”Opto”によって2015年に群馬にて日本初上演され、公演は大成功を収めました。

振付家であるヴァツラフ・クネシュより...
Coming back somewhere. Or to someone.
In a proper sense of the expression we can't come back to anywhere or to
anyone. Already Heraclitus said “You can not step twice into the same
river, for other waters are continually flowing.”
”ある場所に…あるいは、誰かのもとに戻る”
絶え間なく流れる時間の中に生きる私たちは、過ぎ去った地点に「戻る」ことはできない。ヘラクレイトスが”同じ水が流れている川に2度と足を踏み入れることは出来ない”といったように。

 振付家、ダンサーそしてミュージシャンまでもが、20世紀巨匠振付家の1人であるイリ・キリアン率いたオランダのダンスカンパニーNDT(ネザーランドダンスシアター)を経て、なお海外の一線で活躍してきた怪物集団(物凄く良い意味ですよ!)が伝えるメッセージは見ている人にどんな感動を与えるのか、今から楽しみです♪
2015年に上演されました映像見つけましたので、少しですがご覧ください♪
映像はこちら♪←後半2分16秒あたりからREEN始まります!

 


次回は・・・ダンサーメンバーは全員NDT出身者!?Optoについて紹介いたします♪


最新の記事