東京都・田町(三田)のスタジオ スタジオアーキタンツ studio ARCHITANZ

ブリュッセルを拠点に幅広く活動するテッド・ストファーによる充実のコンテンポラリーダンスクラス

ted_floor
振付家、パフォーマー、教師として活躍中のテッドがアーキタンツにやってきます!

繋げる事、切り離すこと。身体だけでなく、心や空間をどう使うのか。
身体を目覚めさせるウォームアップから始まり、インプロヴィゼーションやコンタクトワークに至るまで、段階を踏んで丁寧に進んでいく充実のクラスです。

今回は、ビギナーからアドヴァンスまで、細かく分かれたクラス設定になっておりますので、ニーズに合わせたご受講が可能です!
初めてインプロヴィゼーションやコンタクト、クリエーションに挑戦される方はもちろん、「自分のダンスワークに新しい刺激がほしい!」という方にももってこいのクラスです。

*お申込み不要のスペシャルオープンクラスとして開催いたします!
クラス開始時間の30分前より受付を開始いたします♪皆様奮ってご参加ください!

講師
Ted Soffer| テッド・ストファー
日時
2016年12月
3日(土) 19:15-20:45 中上級向け コンテンポラリー・テクニック・クラス @01
4日(日) 17:30-19:00 初級向け コンテンポラリー・テクニック・クラス @01
10日 (土) 19:15-20:45 パートナーワーク @02
11日 (日) 19:15-20:45 中上級向け コンテンポラリー・テクニック・クラス @01
17日 (土) 19:15-20:45 中上級向け コンテンポラリー・テクニック・クラス @01
18日 (日) 19:15-20:45 パートナーワーク @02
内容
■中上級向け コンテンポラリー・テクニック・クラス
・ウォームアップ
有酸素運動を含むエクササイズを取り入れる事で、身体と心の両方を目覚めさせ、その後に続くクリエーションのための準備を行います。
・身体のインテグレート(統合)とアイソレーション(別離)
パターン①インテグレート:身体にある3種類のコアをそれぞれ使う事で、自身の本来の力を解き放ちます。
パターン②アイソレーション:ムーブメントによって必然的に発生する動きに着目したエクササイズを行います。
(日にちによってパターン①か②のどちらかを取り入れてクラスが進行されます)
・コンビネーションとインプロヴィゼーションの入り口
短いフレーズを憶えることから始め、その動きの中でいかに遊ぶかを探求していきます。
■初級向け コンテンポラリー・テクニック・クラス
・ウォームアップ
有酸素運動を含むエクササイズを取り入れることで、身体と心の両方を目覚めさせ、その後に続くクリエーションのための準備を行います。身体のコーディネーションも同時に意識していきましょう。
・動きのクリエーションとインプロヴィゼーションの入り口
シンプルで短い動きを憶えることで、他のダンサーと一緒に動く事への準備をします。空間、時間、過去・現在を流れるエネルギーを貪欲に探検しましょう。起承転結など、わかりやすい設定に基づいて展開していくことで、よりナチュラルにクリエーションやインプロヴィゼーションに親しむことが出来るでしょう。

■パートナーワーク
ライト・タッチ・テクニック
このメソッドはコミュニケーションの上に成り立ちます。コミュニケーションやパートナーワークを生み出す要素を、みなさん一人ひとりが持っています。このワークを通して徐々にお互いへの信頼を高め、相手に自分を預けることに挑戦していきましょう。コンタクトインプロヴィゼーションとは少し違いますが、同じ要素を取り入れた新しいメソッドです。

ted_stand
持ち物
動きやすい服装、靴下
受講料
2500円/1クラス
※お得な回数券(Aチケット、Bチケット)もご利用いただけます。
チケットの詳細
会場・問い合わせ先
スタジオ アーキタンツ
東京都港区芝浦1-13-10 第3東運ビル4階 (地図)
TEL:03-5730-2732
※メールでのお問い合わせは、問い合わせフォームをご利用ください。

プロフィール

Ted Stoffer | テッド・ストファー

ted2016

ブリュッセルを拠点として活動する振付家、パフォーマー、教師、Aphasia Dance Companyの創業者。Les Ballets C de la Bにプロデュースされた彼の作品、Aphasiadisiacはベルギーで評論家賞にノミネートされ、イギリスのブライトンフェスティバルでアルゴス評論家賞を受賞した(2008)。
彼の作品はコンテンポラリーダンス、演劇、舞踏、インタラクティブパフォーマンス、Tanztheater、教育ビデオ等、様々なジャンルに及び、2012年には日本のバラエティーゲームショウに触発されたオリジナルな舞台を発表した。
ローザス, Ultima Vez, Charleroi Danse, サシャワルツ, DV8, Carte Blanche, ImpulsTanz, the Venice Biennial等での教えの経験があり、ヨーロッパ、日本、韓国、トルコ、カナダでクリエイティブワークショップを率いてきた。
過去6年はダンスの世界だけでなくドイツの一流の演劇学校でクリエイティブな体の使い方を教え、ドイツ人のディレクターSandra
Strunzとベルギー人の賞受賞ディレクターLuk Percivalと度々共に作品作りに関わってきた。


最新の記事