ARCHITANZ(アーキタンツ) | 東京都・田町(三田)のバレエを中心としたスタジオ

ブログ

2018.12.01

<1クラス限定!>バレエゲスト講師セルゲイ・ヴァナエフ

中級

気が付けば今日からもう師走。一年が経つのはあっという間ですね…。
皆さま充実した一年をお過ごしになられましたでしょうか…?


そして、今月12月のタイムテーブルもご覧いただけましたか?


実は、今年7月にいらっしゃいましたセルゲイ・ヴァナエフによるバレエクラスの開催が決定いたしました!今回は、彼が芸術監督を務めるバレエカンパニー「ブレーマーハーフェン州立劇場バレエ団」のオーディション開催に伴いまして、お忙しい中、1クラス限りでバレエクラスを担当してくださいます!

▽ブレーマーハーフェン州立劇場バレエ団の舞台写真
現役時代はロシアやドイツのカンパニーに在籍し、数々の作品で主役を踊られてきたセルゲイさん。ドイツのブレーマーハーフェン州立劇場バレエ団で12年間ディレクターを務め、精力的に作品のクリエーションをしながらも、長年のキャリアで培われたノウハウをもとにダンサーの指導にも力を入れていらっしゃいます。

そして、近年ではセルゲイさんのその活動が認められ、カンパニーは「ヘルツリープ・コフート・ドイツ劇場賞」を受賞。ヨーロッパ内外で定期的にツアーが組まれるなど、実力と魅力を兼ね備えたカンパニーへと成長を遂げています✨


▽7月に開催されたクラスの様子

そんな、指導力に定評のあるセルゲイさんが教えてくださる1クラス限りのチャンス!ぜひ、この機会に現役ディレクターであるセルゲイさんのレッスンを受けてみてはいかがでしょうか?


日時
2018年12月24日(月・祝)🎄✨

14:00-15:30 中級バレエ @01スタジオ

料金
¥3,000
※各種チケットもご利用頂けます。
※事前のご予約は不要となります。当日はクラスの30分前より受付を開始いたします。


講師プロフィール


セルゲイ・ヴァナエフ | Sergei Vanaev

1967年ロシアに生まれる。
1977年、ボリショイ・バレエ学校入学。1985年、同校を優等で卒業。同年、ナタリア・カサトキナ、ウラジーミル・ワシリョフ率いるモスクワクラシックバレエ団入団。1991年、デュッセルドルフのハインツ・シュペルリ率いるドイツ・オペラ・アム・ラインにプリンシパルとして入団。在籍していた5年間に、ハインツ・シュペルリ版「白鳥の湖」のジークフリード王子等、ハインツ・シュペルリ作品をはじめ数々の世界的な振付家の作品で主演を務める。1996~1997年、ワレリー・パノフ率いるボン州立劇場でソリストを務める。この頃からダンサーとして踊る傍らダンサー達の指導にも携わるようになる。1997年~2004年、ドルトムント州立劇場に在籍。2002年にはディレクターの振付アシスタントに就任。1998年より創作活動を開始。2004年よりブレマーハーフェン州立劇場バレエ団のディレクターを務めている。今までに振付した作品は100以上に及ぶ。2007年には国際マヤ・プリセツカヤ&ロディオン・シチェドリン財団より「マヤ・プリセツカヤ賞」を授与された。ブレマーハーフェン州立劇場バレエ団は彼のリーダーシップの下、力強く実力のあるカンパニーへと発展し、ヨーロッパ内外でガラやツアー公演を定期的に行っている。カンパニーは毎シーズン4つの新作を上演し続けている。カンパニーは2016年、ヘルツリープ・コフート・ドイツ劇場賞を受賞した。


▷ブレーマーハーフェン州立劇場バレエ団2019/2020シーズンのオーディションこちらをご覧ください