スペイン出身。カンヌのロゼラ・ハイタワー国際バレエセンターなどで学ぶ。カンヌ・ジュンヌ・バレエ・インターナショナル、スコティッシュバレエ団、ダーバンのNAPACダンスカンパニー、ロッテルダム・ダンスグループ、グロニンゲンのREFLEXダンスカンパニー、スカピノバレエ団やフランクフルトバレエ団、そしてフォーサイスカンパニーで活躍。 バレエマスター、指導者としてのディプロマを保持。現在、指導者として、フランクフルトバレエ団、フォーサイスカンパニー、タンツハウスチューリヒ、リヨン国立高等音楽・舞踊学校、マルセイユ国立バレエ団で活動。バレエとフォーサイス・インプロヴィゼーション・テクニックを融合させたワークショップをヨーロッパ、日本で行っている。

イスラエル出身。
ミュージシャン、振付家としてオランダを拠点に活動。
カナダナショナルバレエ学校卒業後、1997年ネザーランド・ダンス・シアター(NDT)に入団。
在籍中に振り付け作品を発表。2006年よりフリーランスとなり、コルゾ劇場(オランダ)やオランダダンスフェスティバルなどの共同制作作品を発表。
また、幼い頃から音楽に携わり、ロックバンド「Noblesse」を率いるだけでなく、自身のダンス作品の作曲をはじめ、ヴァツラフ・クネシュ、ヨハン・インガー、レスリー・テルフォードなどの振り付け作品に音楽を提供している。
2012年、元NDTのダンサーとOFFprojectsを立ち上げ、ダンスだけではないアートフォームを用いて国際的な公演やイベントを共催。オランダ国内だけではなく、フランス、イギリス、チェコ、ドイツなどで海外ツアーを行っている。

キューバ生まれ。キューバにてバレエコンクール金賞などを受賞。キューバ国立バレエ団、ライプツィヒバレエ団、インターナショナルガラなどで国際的に活躍。

金沢に自身のロドリゲスバレエスクールを設立。現在は日本を拠点に教師として活動している。

ロシア、モスクワ出身。1992年、ボリショイバレエ学校を卒業と同時にユーリ・グリゴロヴィッチの推薦のもと、同カンパニーに入団する。在籍中、世界ツアーに参加。1995年、ドレスデン州立バレエで1シーズン踊り、その後1996年にシュツットガルト・バレエに入団。

1997年に、モスクワ・コレオグラフィー・アカデミーより教育学の学位を取得。1999年7月、シュツットガルト・バレエのソリストに昇格し、その後プリンシパルに昇格する。同カンパニーとの契約期間中、古典からコンテンポラリーまで数多くの作品の主役を踊り、また世界初演作品も踊ってきた。

また、シュツットガルト・バレエでは世界ツアーでも活躍し、世界各国のバレエ団から招待され、ガラ出演やゲスト出演をしてきた。たとえば、英国ロイヤル・バレエ、マリシア・ハイデ率いるチリのサンティアゴ・バレエ、ドイツのライプツィヒ・バレエなど。

2003年、シュツットガルトのノベール・ソサエティによる「Young Choreographers evening(若き振付家たちの夕べ)」のために、「La Chanson(シャンソン)」というソロ作品を作成した。

1973年イタリア生まれ。モンテカルロ市グレース王妃ダンスクラシック・アカデミーを卒業後、スイス・ローザンヌのルードラ・ベジャール学校にて学ぶ。その後ベジャール・バレエ・ローザンヌ、リヨンオペラ座バレエ団にてダンサーおよび振付家として活躍。

1999年よりウィリアム・フォーサイス率いるフランクフルトバレエ団に所属。退団後もフォーサイスカンパニーのゲストアーティストとして活躍。

近年では、2007年、建築家 安藤忠雄氏が手がけた「21_21 Design Sight」のオープニングプログラムにて、ウィリアム・フォーサイスのインスタレーション作品「Additive Inverse」でパフォーマンスを披露。その他にも、コロンブスのウェクスナー・芸術センター、バーゼルのバイエラー美術館、ロンドンのサドラーズウェルズやテートモダン等にて、ウィリアム・フォーサイスの作品でパフォーマンスを披露。

また、ヴィチェンツァ市の音楽学校およびモンテカルロ市のアカデミー音楽学校ラニエールIIIにて音楽も学ぶ。作曲家フランチェスコ・ヴァルダンブリーニの指導のもと、トリコルダーレ(Tricordale)音楽という新楽派に加わり、フィボナッチ数列に基づくセリー体系を拡張して、みずから作曲した音楽は自身の振付作品にも使用している。

2003年より日本を拠点にフリーランスアーティストとして活動を始め、日本国内および海外の国々でさまざまな活動に関わる。

2005年愛知芸術文化センターによるダンスオペラ「青ひげ城の扉」にて、演出、振付、映像、美術を担当し、自身も出演。イタリア・ヴェネチア・ダンスビエンナーレからの招聘で、能楽師・津村禮次郎とともに「Ritrovare/Derivare」を上演。Noism05「Triple Bill」委嘱による「DOOR INDOOR」を発表。

新国立劇場コンテンポラリーダンス「ダンスプラネットNo,18」では、トム・ウィリアムスが音楽を担当した作品「noon afternoon」をマイケル・シューマッハと共に発表。2007年、山口情報芸術センターによる「混舞(Dance mix)」プロジェクトにて振付を担当、また、自作のビジュアル・アートを展示。

2008年、ブラジルのダンス・カンパニー・Sao Paulo Conpanhia de Dancaから委託を受け、「Poligono」の振付・演出を担当する。当作品はカンパニーのオープニング・プログラムのために創作されたもので、J.S.バッハの「音楽の捧げものの」をもとにブリュッセルの室内楽グループ・Het Collectiefによって再現された。

その他にも、さまざまなアーティストとのコラボレーション活動を行っている。

ブルガリア出身。 スウェーデン王立バレエ学校にて学ぶ。 1985年スウェーデン王立バレエ団入団。入団後、数々の公演で主役を踊る。 1993年より同バレエ団のプリンシパルダンサー・ソリストの指導。 1997年同バレエ団のバレエマスターに任命される。 中国国立バレエ団、フィンランド国立バレエ団、ヨーテボリバレエ団、クルベリバレエ団など有名なバレエ団にてゲスト講師として招かれる。 スウェーデン王立バレエで約20年間指導ののち退団。 現在はフリーランスの指導者として活躍中。
群馬県伊勢崎市出身。
1985年、山本禮子バレエ研究所に入所。
日中友好20周年記念公演(青島)出演。
山本禮子バレエ団公演において、数々の主役を務める。
2003年、アメリカ オレゴンバレエシアターに入団。直後から主役を任され、George Balanchine、William Forsythe、Jerome Robbins、James Kudelka、Christopher Wheeldonなどの振付家の数々の古典クラシック作品を踊る
10年間在籍後、2013年2月の「白鳥の湖」全幕を機に現役を引退。国内外でバレエインストラクターとして活動。
平成26年度より昭和音楽大学大学部・短期大学部バレエコースにてバレエ講師を務める。全米ヨガアライアンス認定ヨガインストラクター。
2016年4月より、スターダンサーズバレエ団ゲスト講師。
経歴
・オレゴンバレエシアター プリンシバルダンサー
・第18回ヴァルナ国際バレエコンクール ジュニア部女子金賞
・第5回アジア・パシフィックコンクールジュニア部第3位IBM
・第52回全国舞踊コンクール2部第1位 文部大臣賞
◇バレエB/初級 【プロフィール】 金田こうのバレエアカデミー、イギリスセントラルスクールオブバレエ、ベルリン国立バレエスクールを経て、2000年ドイツハノーファ州立劇場に入団。 バルカン版「ドンキホーテ」、「ジゼル」、ノース「トロイゲーム」、ショルツ「火の鳥」、バモス「くるみ割り人形」、バランシン「セレナーデ」などを踊る。 2002年、アメリカ・ペンシルべニアユースバレエで「くるみ割り人形」で王子を客演。 2003年、新国立劇場バレエ団に入団。「白雪姫」鏡の精ミラー、「シンデレラ」ウェリントン、「マノン」客人、「カルミナブラーナ」、「アラジン」ゴールド、「シルヴィア」海賊など古典バレエから現代舞踊などバレエ団のレパートリーをファーストアーティストとして踊る。新国立劇場バレエ団Dance to the Future にて「HOPE」、「Chemical Reaction」を振り付ける。 2014年、新国立劇場バレエ団退団登録ダンサーになる。 2013年、Aristo BALLET STUDIO を開設。生徒の指導にあたり、コンクールにおいて最優秀指導者賞を3度受賞。2015年NBA全国バレエコンクールシニアの部において1位の生徒を輩出する。 現在、ダンサー、振付家、指導者として活躍中。 金田和洋、こうの恭子、沼尻祐司に師事。 小笠原一真先生のクラスのご案内はこちら◇バレエB/初級  月曜日 12:00~13:30 / 19:30~21:00 【プロフィール】 東京都出身。幼少期のころより、姉の影響でバレエを始める。中学校入学後、東京バレエ学校に入学。同時にBallet Libreにて郷路泰子に師事。 解剖学的アプローチによるバレエ、エクササイズを学ぶ。 東京バレエ学校在学中より東京バレエ団公演「ザ・カブキ」「ドン・キホーテ」などに出演。東京バレエ学校第2回スクールパフォーマンスでは、「眠れる森の美女」で主演デジレ王子を踊る。この間、複数のコンクールにて入賞。 2004年〜2006年にかけ、ロンドンのEnglish National Ballet Schoolへ留学。第1学年から進級する際には首席で進級する。2005年度からは平成17年度文化庁在外派遣研修員(18歳未満の部)として、国より奨学金を得て学んでいた。 学校公演ではイリ・キリアン「シンフォニー・インD」(ソリスト)、ジョージバランシン「アレグロブリランテ」や、学校教師振り付け作品、コンテンポラリー作品なども学ぶ。 2007年〜2009年まで、東京バレエ団に在籍。2008年には第21次海外ツアー公演に参加。シルヴィ・ギエム、マニュエル・ルグリ、ローラン・イレールらと共にヨーロッパ各地で公演。その後ドイツにて短期研修を行う。 2009年、シンガポールダンスシアター(SDT)に移籍。クラシックから、ネオクラシック、コンテンポラリー作品を踊り、ソリスト役も多数務める。ネオクラシック、コンテンポラリー作品ではJanek Schergen、Molly Lynch、Choo san Goh、Xing Liang、Stanton zWelch、Edward Liang、Nils Cristyなどの著名振付家の作品に参加。同時にカンパニーでピラティスのマシンエクササイズ、マットエクササイズを勉強し、体のトリートメントに 役立てた。 2012年8月に帰国。ピラティスのインストラクター資格を取り、STOTT PILATES認定インストラクターとなる。Angel R 渋谷、表参道校やチャコットカルチャースタジオなど、都内近郊のダンススタジオ、スクールにてバレエ、ピラティス(マット・マシン)の指導にあたる。 現在、Sky Pilates Tokyo代表。 ▶ Sky Pilates Tokyo公式ホームページ 河南達郎先生のバレエクラスのご案内はこちら

◇バレエB/初級
 火曜日 12:00~13:30
 木曜日 19:30~21:00

【プロフィール】
ニューヨーク出身、13歳の時日本に移住。桐朋女子高等学校卒業後、アメリカのコロラドバレエ団に入団。入団2年目でクルミ割り人形全幕の主役を務める。その後も数多くの作品で、ソリスト、プリンシパル役を踊り、数多くの振付家の作品に出演。

2008年、State Street Balletにプリンシパルとして移籍。数多くの作品の主演を務める。

【日本でのゲスト出演】
2006年 Cerri Gala公演にてアメリカンバレエシアター、プリンシパルのエルマン・コルネホとライモンダ
2007年 Cerri Youth Ballet団コッペリア全幕
2010年 新春公演シンデレラ全幕
2014年 新春公演ドンキホーテ全幕
2014年 アーキタンツ公演 アレッシオシルベストリン振付 OPUS131 にてソリストとして横関雄一郎とパドドゥを踊る

近藤美緒先生のクラスのご案内はこちら