東京都・田町(三田)のスタジオ スタジオアーキタンツ studio ARCHITANZ

◇バレエB/初級
 
火曜日(6月より) 19:30~21:00

【プロフィール】
金田こうのバレエアカデミー、イギリスセントラルスクールオブバレエ、ベルリン国立バレエスクールを経て、2000年ドイツハノーファ州立劇場に入団。
バルカン版「ドンキホーテ」、「ジゼル」、ノース「トロイゲーム」、ショルツ「火の鳥」、バモス「くるみ割り人形」、バランシン「セレナーデ」などを踊る。
2002年、アメリカ・ペンシルべニアユースバレエで「くるみ割り人形」で王子を客演。
2003年、新国立劇場バレエ団に入団。「白雪姫」鏡の精ミラー、「シンデレラ」ウェリントン、「マノン」客人、「カルミナブラーナ」、「アラジン」ゴールド、「シルヴィア」海賊など古典バレエから現代舞踊などバレエ団のレパートリーをファーストアーティストとして踊る。新国立劇場バレエ団Dance to the Future にて「HOPE」、「Chemical Reaction」を振り付ける。
2014年、新国立劇場バレエ団退団登録ダンサーになる。
2013年、Aristo BALLET STUDIO を開設。生徒の指導にあたり、コンクールにおいて最優秀指導者賞を3度受賞。2015年NBA全国バレエコンクールシニアの部において1位の生徒を輩出する。
現在、ダンサー、振付家、指導者として活躍中。
金田和洋、こうの恭子、沼尻祐司に師事。

小笠原一真先生のクラスのご案内はこちら

◇バレエB/初級
 月曜日 12:00~13:30/19:30~21:00
◇マシンピラティス
 月曜日 10:45~11:45/13:45~14:45
 土曜日(第一土曜日) 10:45~11:45

【プロフィール】
東京都出身。幼少期のころより、姉の影響でバレエを始める。中学校入学後、東京バレエ学校に入学。同時にBallet Libreにて郷路泰子に師事。 解剖学的アプローチによるバレエ、エクササイズを学ぶ。

東京バレエ学校在学中より東京バレエ団公演「ザ・カブキ」「ドン・キホーテ」などに出演。東京バレエ学校第2回スクールパフォーマンスでは、「眠れる森の美女」で主演デジレ王子を踊る。この間、複数のコンクールにて入賞。

2004年〜2006年にかけ、ロンドンのEnglish National Ballet Schoolへ留学。第1学年から進級する際には首席で進級する。2005年度からは平成17年度文化庁在外派遣研修員(18歳未満の部)として、国より奨学金を得て学んでいた。

学校公演ではイリ・キリアン「シンフォニー・インD」(ソリスト)、ジョージバランシン「アレグロブリランテ」や、学校教師振り付け作品、コンテンポラリー作品なども学ぶ。

2007年〜2009年まで、東京バレエ団に在籍。2008年には第21次海外ツアー公演に参加。シルヴィ・ギエム、マニュエル・ルグリ、ローラン・イレールらと共にヨーロッパ各地で公演。その後ドイツにて短期研修を行う。

2009年、シンガポールダンスシアター(SDT)に移籍。クラシックから、ネオクラシック、コンテンポラリー作品を踊り、ソリスト役も多数務める。ネオクラシック、コンテンポラリー作品ではJanek Schergen、Molly Lynch、Choo san Goh、Xing Liang、Stanton zWelch、Edward Liang、Nils Cristyなどの著名振付家の作品に参加。同時にカンパニーでピラティスのマシンエクササイズ、マットエクササイズを勉強し、体のトリートメントに 役立てた。

2012年8月に帰国。ピラティスのインストラクター資格を取り、STOTT PILATES認定インストラクターとなる。Angel R 渋谷、表参道校やチャコットカルチャースタジオなど、都内近郊のダンススタジオ、スクールにてバレエ、ピラティス(マット・マシン)の指導にあたる。

現在、Sky Pilates Tokyo代表。
Sky Pilates Tokyo公式ホームページ

河南達郎先生のバレエクラスのご案内はこちら

河南達郎先生のマシンピラティスクラスのご案内はこちら

◇バレエB/初級
 火曜日 12:00~13:30
 木曜日 19:30~21:00

【プロフィール】
ニューヨーク出身、13歳の時日本に移住。桐朋女子高等学校卒業後、アメリカのコロラドバレエ団に入団。入団2年目でクルミ割り人形全幕の主役を務める。その後も数多くの作品で、ソリスト、プリンシパル役を踊り、数多くの振付家の作品に出演。

2008年、State Street Balletにプリンシパルとして移籍。数多くの作品の主演を務める。

【日本でのゲスト出演】
2006年 Cerri Gala公演にてアメリカンバレエシアター、プリンシパルのエルマン・コルネホとライモンダ
2007年 Cerri Youth Ballet団コッペリア全幕
2010年 新春公演シンデレラ全幕
2014年 新春公演ドンキホーテ全幕
2014年 アーキタンツ公演 アレッシオシルベストリン振付 OPUS131 にてソリストとして横関雄一郎とパドドゥを踊る

近藤美緒先生のクラスのご案内はこちら

◇バレエB/初級
 水曜日 12:00~13:30
 水曜日 19:30~21:00

【プロフィール】
東京都出身。
10歳より石井清子バレエ研究所にて、石井清子、安達悦子、に師事。
2003年 新国立劇場バレエ研修所に入所。牧阿佐美、豊川美恵子に師事。
2005年 新国立劇場バレエ団入団。直後の『カルミナ・ブラーナ』で、振付家でバーミンガム・ロイヤルバレエの芸術監督(元新国立劇場バレエ団芸術監督)に抜擢され、神学生のソロを踊りデビュー。
2006年 ソリストに昇格。
2008年 ビントレー『アラジン』の世界初演で主役に選ばれ、アラジンを振り付けられる。
また、ボリショイ劇場でのブノワ賞授賞式にて、ビントレーがノミネートされた際、作品紹介で『カルミナ・ブラーナ』のソロを踊る。
2011年 ファースト・ソリスト
2012年 プリンシパルに昇格。
Los Angeles Ballet 、Universal Ballet などにゲスト出演。
平成14年度文化庁新進芸術家舞踊国内研修員
第33回ニムラ舞踊賞受賞

◇バレエB/入門
 日曜日 12:00~13:30
 ※入門クラス後、月に1回30分のポアント入門クラスを開講しています。

【プロフィール】
5歳より横浜でクラシックバレエを始める。1993年に渡仏、パリにて工藤大弐に師事。

1994年、ハンブルク・バレエ・スクールに入学。1996年〜2002年、シュツットガルトバレエ団、2002年〜2006年、カナダ国立バレエ団、2006年〜2008年、ポルトガル国立バレエ団に在籍。計12年間、プロフェッショナルダンサーとして数多くの公演、海外ツアーに参加する。主にジョージ・バランシン、ジョン・クランコ、ウィリアム・フォーサイス、ハンス・ファン・マネン、マウロ・ビゴンゼッティ、メメット・バルカン、ハインツ・シュペルリ、ジェームス・クデルカ等の振付家のソロを踊る。

2008年、帰国。クラシックバレエスクール「K2バレエ空間」を開設。スタジオアーキタンツ、チャコットカルチャースタジオにてレギュラークラスを担当。2014年に独立し、「Ballet du Ciel」(バレエ・ドゥ・シエル)を設立。グローバルな経験とコネクションを活かしジュニアの育成に励んでいる。

坂本香菜子先生のクラスのご案内はこちら

1986年、チャイコフスキー記念「東京バレエ団」に入団。87年、ベジャールの「ザ・カブキ」において、弱冠21歳で由良之助に抜擢され一躍話題となり「東京バレエ団」のあらゆるレパートリーで主役を演じる。
ミラノ・スカラ座、パリ・オペラ座、ベルリン国立歌劇場、ボリショイ劇場、マリインスキー劇場など海外でも活躍。ジョルジュ・ドンの代わりに踊った「ボレロ」ではカーテンコールが25分という大成功を収めた。
1991年にはシルヴィ・ギエムの相手役として「白鳥の湖」を踊り、オーストラリア・バレエ団に3カ月間客演した。
その他ベルリンにて「マラーホフ&フレンズ」、「オーストラリア・バレエ団50周年記念ガラ」、「月に寄せる七つの俳句」のハンブルク・バレエ初演、フィレンツェ歌劇場で東日本大震災復興支援公演など客演多数。
2015年、「東京バレエ団」を退団し「高岸直樹ダンスアトリエ」を設立。

高岸直樹先生のクラスのご案内はこちら

◇バレエB/初級
 
木曜日 12:00~13:30

【プロフィール】
福島県いわき市出身。4歳より横山慶子舞踊団にて横山慶子、横山真理のもとで現代舞踊を学ぶ。19歳よりバレエを始め余バレエアカデミーにて余芳美に師事。

2002年より中国国立北京舞踊学校付属中学に留学。同校卒業と同時に中国国立バレエ団に入団、バレエ団の国内ツアーなどに参加。

2005年に香港バレエ団に入団し、2009年、コリフェに、2012年、ソリストに昇進。 ナチョ・ドゥアト作品「Castrati」ではソロを踊り、ナチョ本人より好評を得る。また、香港バレエのダンサーでもあるRicky Hu作品「Play with Abandon」Hong Kong Art Festival Contemporary Dance Series 2012に参加し好評を得る。

さらに、Hong Kong Art Festival Contemporary Dance Series 2013にもダンサー兼振付師として参加し、「Rush」を上演。

2014年6月、香港バレエ団を退団。同6月よりフリーランスダンサー兼講師として活動を始める。

東京新聞バレエコンクール 現代舞踊部門ジュニア部 第3位、埼玉全国舞踊コンクール 現代舞踊部門ジュニア部 第2位、神戸全国洋舞コンクール 現代舞踊部門ジュニア部 第2位など、受賞歴多数。

高比良洋先生のクラスのご案内はこちら

◇バレエB/入門
 土曜日 12:00~13:30
◇ボディーバランス
 土曜日 10:15~11:45

【プロフィール】
東京シティバレエ団を経て、東京バレエ団入団。国内公演の他、ヨーロッパ公演出演。

ジル・ロマン氏、小林十市氏、那須野圭右氏にベジャール作品の指導を受ける。

2009年、世界バレエフェスティバル「モーリス・ベジャール追悼ガラ」を最後に同バレエ団を退団。

NESTA-PFT(全米エクササイズ&トレーナー協会)資格を取得。パーソナルトレーナーとして、各種体幹トレーニング指導のほか、ハートレートコントロールによるダイエットプログラムを得意としている。

宮内真理子、森山尚子、エリカ・ハッサンの指導のもと、ジャイロキネシス認定トレーナー資格を取得。 クラスレッスン、プライベートレッスンのほか、バレエ専門パーソナルトレーナー&コンディショニングコーチ、ジャイロキネシストレーナーとして国内各地で活動。年齢を問わずダンサーのコンディショニング指導を行っている。

新書館より出版の男の子のためのバレエ雑誌「ダンシン」にて、連載企画「カラダ・すくすく大作戦!!」の監修・指導・モデルを担当。「子どもの成長とバレエ」をテーマに紙面や付録DVDにて、マッサージやストレッチ法、エクササイズ法を伝えている。また、「クララ」では特集記事「Afterバレエストレッチ」を監修。

バレエ総合情報サイト「BalletJapon」にてアドバイザーとして活動。オンライントレーニング監修・指導を行っている。また、自身の経験から「BalletTokyo」を立ち上げ、多くの治療家、トレーナーたちと日本で活動するプロダンサーたちへ「心と体、生活」を軸とした支援活動を行っている。

中谷広貴先生のボディコンディショニングクラスのご案内はこちら

中谷広貴先生のバレエクラスのご案内はこちら

◇バレエB/初級
 金曜日 12:00~13:30
 ※初級クラス後、30分のポアントクラスを開講しています。

【プロフィール】
997年、ローザンヌ国際バレエコンクール、ファイナリスト。 1997年、英国ロイヤルバレエスクールに留学。帰国後、法村友井バレエ団プリンシパル。2004年、退団。2010年、第20回財団法人松山バレエ団顕彰芸術奨励賞受賞。現在、東京でフリーとして活動。

西田佑子先生のクラスのご案内はこちら

4歳より、芥川瑞枝に師事。
2000年こうべ全国洋舞コンクール シニアの部第1位など数々のコンクールで入賞。
2002年9月、Kバレエカンパニーにソリストして入団。2005年2月ファースト・ソリスト、2006年6月ジュニア・プリンシパル、2007年2月プリンシパルに昇格。主な出演作は、『シンデレラ』のタイトルロール、『ロミオとジュリエット』のロザライン、『海賊』のメドーラ/グルナーラ、『くるみ割り人形』のマリー姫/雪の女王/アラビア人形、『ドン・キホーテ』のキトリ/メルセデス/森の女王/花売り娘、『コッペリア』の祈り、『白鳥の湖』のオデット/オディール/パ・ド・トロワ/2羽の白鳥、『眠れる森の美女』のオーロラ姫/リラの精/元気の精/宝石、『ジゼル』のタイトルロール/ミルタ、『ベートーヴェン第九』第2楽章/第3楽章主演、プティ振付『若者と死』の運命の女、『カルメン』のタイトルロール/バンディッド、マクミラン振付『三人姉妹』のオリガ、アシュトン振付『真夏の夜の夢』のタイターニア、『二羽の鳩』のジプシーの少女、『ファサード』のワルツ、『シンフォニック・ヴァリエーション』、バランシン振付『セレナーデ』のプリンシパル、『フー・ケアーズ?』のファイブカップルズ、『シンフォニー・インC』第4楽章主演、ヌレエフ版『ライモンダ』第3幕のヴァリエーション、長島裕輔振付『Evolve』など。2004年7月、メトロポリタン歌劇場にてアシュトン振付『ラプソディ』に出演。2006年1月、上海大劇院での『ドン・キホーテ』にメルセデス役で出演。2013年同カンパニーを退団。
2014年4月より、昭和音楽大学短期大学部バレエコースの非常勤講師を務める。

松岡梨絵先生のクラスのご案内はこちら