東京都・田町(三田)のスタジオ スタジオアーキタンツ studio ARCHITANZ

元東京バレエ団プリンシパル。 Iwaki Ballet Company(IBC)芸術監督。
表現力、演技力に非凡な才能を示し、その容姿の美しさで数多くのファンを魅了してきた。 古典から現代作品まで幅広く踊り、高い評価を受けている。
東京バレエ団には26年間在籍し、「白鳥の湖」や「くるみ割り人形」などの古典全幕での主演をつとめる一方で、モーリス・ベジャール、イリ・キリアン、ジョン・ノイマイヤーなど当代きっての振付家たちのとの共同作業で様々な作品を創り上げてきた。
2013年、同団退団後自身のバレエ団となるIwaki Ballet Companyを設立。『ジゼル』『ドン・キホーテ』『眠れる森の美女』などの全幕作品から『バレエガラ』や『講演会』など、演出・振付・主演もこなす。その舞台は「今日的なセンスが光る」と各方面から注目を受けている。
指導者としての評価も高く「短期間で上達させてくれる教師」と受講生からは厚い信頼を得ている。

井脇幸江 Ballet Studio
http://balletstudio.yukie.net/

オフィシャルブログは
http://ameblo.jp/iwakiyukie-balletstudio/

井脇幸江先生のクラスのご案内はこちら

群馬県伊勢崎市出身。
1985年、山本禮子バレエ研究所に入所。
日中友好20周年記念公演(青島)出演。
山本禮子バレエ団公演において、数々の主役を務める。
 
2003年、アメリカ オレゴンバレエシアターに入団。直後から主役を任され、George Balanchine、William Forsythe、Jerome Robbins、James Kudelka、Christopher Wheeldonなどの振付家の数々の古典クラシック作品を踊る
 
10年間在籍後、2013年2月の「白鳥の湖」全幕を機に現役を引退。国内外でバレエインストラクターとして活動。
平成26年度より昭和音楽大学大学部・短期大学部バレエコースにてバレエ講師を務める。全米ヨガアライアンス認定ヨガインストラクター。
2016年4月より、スターダンサーズバレエ団ゲスト講師。
 
経歴
・オレゴンバレエシアター プリンシバルダンサー
・第18回ヴァルナ国際バレエコンクール ジュニア部女子金賞
・第5回アジア・パシフィックコンクールジュニア部第3位IBM
・第52回全国舞踊コンクール2部第1位 文部大臣賞

◇バレエB
 

【プロフィール】
2005年チャイコフスキー記念東京バレエ団入団。
主な役柄として、「ジゼル」のパ・ド・ユイット、子どものためのバレエ「ねむれる森の美女」のデジレ王子、モーリス・ベジャール振付「春の祭典」の生贄、2014年海外ツアーでは「ギリシャの踊り」のソロ、東京バレエ団創立50周年〈祝祭ガラ〉でノイマイヤー振付「スプリング・アンド・フォール」、同年9月、岩国公演にて「ドン・キホーテ」バジル、12月、ワイノーネン版「くるみ割り人形」の王子などを踊る。
2015年プリンシパルに昇格、2016年4月に退団しフリーに転身。 現在に至る。

◇バレエB
 

【プロフィール】
5歳より地主薫エコール・ド・バレエにて地主薫に師事。
2003年、地主薫バレエ団に入団。
07年、全日本コンクールシニア部門 第1位。
09年、モスクワ国際バレエコンクール シニア部門銀賞。
10年、USAジャクソン国際バレエコンクール シニア部門銀賞。
11年、文化庁芸術祭新人賞。
13年、大阪文化祭賞奨励賞。
14年、舞踊批評家協会新人賞。
16年、中川鋭之助賞。
11/12シーズンより、新国立劇場バレエ団にソリストとして入団。
16/17シーズンより、新国立劇場バレエ団プリンシパルとなる。
新国立劇場バレエ団では、「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「眠れる森の美女」「ドン・キホーテ」「シンデレラ」などの古典全幕の主役のほか、G.バランシン「テーマとヴァリエーション」、D.ビントレー「パゴダの王子」「アラジン」などでも主役を踊る。

クラシックバレエを川上恵子バレエスクール、田中俊行バレエアート、江川のぶ子、江川バレエスクールにて学ぶ。1998年に香港バレエ団入団、2008年よりプリンシパル。日本では江川バレエ団公演にゲスト出演。1995年アジアパシフィックバレエコンクールにて「IBM賞」、2006年香港にて「年間最優秀プリンシパル賞」などを受賞。2010年香港バレエ団を退団。現在、活動の拠点を日本に移し、フリーのダンサー・教師として活躍。

富村京子先生のクラスのご案内はこちら

◇ジュニアコンテンポラリー/助手、代講
 
土曜日 12:00~13:30

【プロフィール】
3歳よりバレエを始める。1997年岸辺バレエスタジオに入所。岸辺光代、照屋真由子、キミホ・ハルバートに師事。2007年チャイコフスキー記念東京バレエ学校Sクラスに入学。佐野志織、吉岡美佳に師事。2009年チャイコフスキー記念東京バレエ団に入団。2009年、ナタリア・マカロワ版「ラ・バヤデール」初演にも出演。その他多くの作品に出演。2012年退団後は、日本バレエ協会公演他、キミホ・ハルバート、堀内充、堀内元等多くの振付家の作品に出演。
2014年よりキミホ・ハルバートのコンテンポラリークラスやワークショップなどのアシスタントをつとめる。
近年ではキミホ・ハルバートの信頼を受け、ジュニアのクラスを中心にキミホ・スタイルのワークを教えている。

名木田先生のクラスのご案内はこちら

東京都出身。6歳より矢沢バレエスクールにてバレエを始める。

1998年ボリショイバレエ学校5年生に編入、2001年同校を卒業。2001年NBA全国舞踊コンクール コンテンポラリーの部2位、同部門スペシャルテクニック賞。2002年NBA全国舞踊コンクール シニアの部第1位。

2002年国立バレエ・モスクワにソリストとして入団、『白鳥の湖』の道化/パ・ド・トロワ、『くるみ割り人形』のくるみ割り人形、『眠れる森の美女』青い鳥などを踊る。

2006年9月Kバレエカンパニーに入団。2007年ソリスト、2009年ファーストソリストに昇格。主な出演作は『ドン・キホーテ』のバジル、『シンデレラ』の王子、『ロミオとジュリエット』のロミオ/マキューシオ、『海賊』のアリ/ランケデム、『くるみ割り人形』のくるみ割り人形/王子、『コッペリア』のフランツ、『白鳥の湖』のベンノ/パ・ド・トロワ/ナポリ、『眠れる森の美女』の青い鳥、『ジゼル』のパ・ド・シス、『パッシング・ヴォイス』第1楽章、『ベートーベン第九』第1楽章主演、『シンプル・シンフォニー』、アシュトン振付『二羽の鳩』、『真夏の夜の夢』のパック、『ラプソディ』主演、『ピーターラビットと仲間たち』のナトキン/ピーターラビット、マクミラン振付『三人姉妹』、バランシン振付『放蕩息子』主演、『シンフォニー・イン・C』第3楽章主演、長島裕輔振付『Evolve』など。

2013年8月同カンパニーを退団。 現在フリーとして活動中。

1994年〜2007年、谷桃子バレエ団に所属。
 「白鳥の湖」などに主演する。
1997年〜2010年、新国立劇場バレエ団にソリストとして所属。
2006年より創作活動を開始、谷桃子バレエ団・東京シティバレエ団・日本バレエ協会公演などにて振付作品を発表。
2010年、文化庁新進海外芸術家研修員として渡独、15ヶ月間ベルリンにて研修。
 現在は、2002年に前川十之朗らとともに立ち上げたカンパニー《未國》を中心に活動中。
 日本舞踊、文楽、現代人形劇などにも携わり、自作の人形を遣ったパフォーマンスも行う。
[ウェブサイト]
前田新奈 WEB SITE
http://niina.mi-kuni.com

前田新奈先生のクラスのご案内はこちら