ARCHITANZ(アーキタンツ) | 東京都・田町(三田)のバレエを中心としたスタジオ

インストラクター

Herve Palitoエルベ・パリト

2018.3.3
フランス出身。フランス西部のラ・ロシェル国立芸術学校で舞踊を学び、また、ピアノを9年、体操も7年学ぶ。
1985年、ベルギーのモーリス・ベジャール率いる20世紀バレエ団でプロフェッショナル・ダンサーとしてのキャリアをスタート。1987年にスイスのベジャール・バレエ・ローザンヌに移籍し、1991年~1993年は同カンパニーのダンサー兼リハーサル・ディレクターとして、1993年~1995年にはチーフ・リハーサル・ディレクターとして活動。
ベルギーを離れた後は、1997年までドイツのマーティン・プテュケ率いるアルト・バレエ・シアターの監督補佐およびリハーサル・ディレクターとして活動。その後、スペインのヴィクター・ウリャテ率いるバレエ・デ・ラ・コムニダ・デ・マドリードにてリハーサル・ディレクターを務める。

1998年にカナダへ移住。エデュアルド・ロックのラララ・ヒューマン・ステップスで、2000年までリハーサル・ディレクターおよびバレエ・マスターを務める。
その後、フリーランス・ゲスト講師を経て、2002年よりスペイン・マドリードのカンパニア・ナショナル・デ・ダンツァ(CND)のリハーサル・ディレクター兼バレエ・マスター、2003年には芸術主任、2010年~2011年は芸術監督を務める。
CNDを離れてからは、フリーランスのバレエ講師、リハーサル・ディレクター、芸術助手として、リヨン・オペラ・バレエ(フランス)、クルベルグ・バレエ(スウェーデン)、バレエ・デ・モンテカルロ(モナコ)、ニューベルグ州立劇場(ドイツ)、ベジャール・バレエ・ローザンヌ(スイス)、フィンランド国立オペラ(フィンランド)など、数多くのダンスカンパニーと仕事をしている。

ナチョ・デュアトやモーリス・ベジャールの作品を世界中のカンパニーに伝授、上演指導を行っている。デュアトの作品は、バイエルン州立バレエ(ドイツ)、バレエ・バズル(スイス)、スウェーデン王立バレエ(スウェーデン)、ポルトガル国立バレエ団(ポルトガル)で、ベジャールの作品は、パリ・オペラ座バレエ(フランス)、ベルリン州立オペラ(ドイツ)、アテルバレット(イタリア)、バレエ・ドゥ・リン(フランス)、東京バレエ団(日本)、バレエ・デ・ラ・コムニダ・デ・マドリード(スペイン)、シュツットガルトバレエ(ドイツ)で伝授。そしてイギリスではシルヴィ・ギエムに指導を行った。

その他にもエルベは、1991年~2011年まで、イリ・キリアン、アレクサンダー・エクマン、ジョン・クランコ、ダニエラ・クルツ、マッツ・エック、ウィリアム・フォーサイス、オハッド・ナハリンなど数多くの振付家の作品の指導にあたっている。
また、韓国、フランス、アメリカ、スペイン、中国、ウルグアイ、ドイツ、オランダ、イスラエル、イタリアの各都市でマスタークラスやワークショップを開催。2011年にはスペインのユアン・カルロス王一世より、民間功労賞を授かる。

現在の講師

今後の講師

過去の講師