ARCHITANZ(アーキタンツ) | 東京都・田町(三田)のバレエを中心としたスタジオ

インストラクター

Takako Nishi西貴子

原田富子に師事。
2001年カンヌロゼラハイタワーに留学。2002年から2004年カンヌジュンヌバレエ、2005年からスカピーノバレエロッテルダム、イントロダンス、マインツ州立劇場を経て2014年シーズンからシュツットガルトにあるゴルチエダンスにバレエミストレスとして在籍、フリーランスダンサーとしても活動。マルコゲッケ、ホヘッシュシェクター、オハッドナハリン、ハンスヴァンマーノン、ナチョドゥアト、マウロビゴンゼッティ、ヨハンインガー、アンドニスフォニアダキス、カエタノソト、アレクサンダーエックマンなどの多くのレパートリー、数々の振付家のバレエミストレスを務める。2019年シーズンからマルコゲッケ芸術監督の元、ニーダーザクセン州立ハノーファーバレエ団、バレエミストレスとして就任。マルコゲッケを始め数々のレパートリー作品を受け持ちダンサーの育成に励んでいる。オールデンブルグ州立劇場にてギオームウロの振付家アシスタント、ドレスデンフランクフルトダンスカンパニー、ミュンヘンガルナープラーツ州立劇場、アウグスブルク州立劇場、ヴィスバーデン州立劇場など、多くのバレエ団でゲスト講師も務める。

現在の講師

今後の講師

過去の講師