ARCHITANZ(アーキタンツ) | 東京都・田町(三田)のバレエを中心としたスタジオ

インストラクター

Giovanni di Palmaジョヴァンニ・ディ・パルマ

イタリア生まれ。
5歳でバレエを始め、14歳でローマ国立アカデミーに入学。ローマ歌劇場にてプロとしての活動を開始、ニースオペラ劇場でも踊る。
1997年、ドレスデンバレエ団に入団、ウラジミール・デレヴィヤンコ監督のもとでソリストを務める。2000年にはライプツィヒバレエ団監督、ウヴェ・ショルツにより同団のプリンシパルに抜擢された。2008年、カンヌで行われたガラ公演、パレ・デ・フェスティバルの際、「スター・オブ・バレエ 2000」を受賞。その後、香港、マイアミ、マルセイユ、ローマなどの世界的ガラ公演にゲストダンサーとして招聘されている。

2009年よりバレエ指導者及び振付家へと活躍の場を広げ、クロアチア、イスタンブール、サンパウロ、ロッテルダム、バーグ等で活動する。
2013年、サンパウロ・ダンス・カンパニーに初振付作品『ロミオとジュリエット』を提供。

現在の講師

今後の講師

過去の講師