暢央1_BW
藤野暢央Nobuo Fujino

◇ピラティス&バレエ
 木曜日 12:00~13:30
 土曜日(隔週2回) 10:15~11:45

【プロフィール】
江川のぶ子主宰の江川バレエスクールでクラシックバレエを学ぶ。1995年、アジアパシフィックバレエコンクールにて出光スカラシップを受賞し、オーストラリアバレエ学校へ留学、首席卒業。 1997年に香港バレエ団入団、2002年よりプリンシパル。2005年、オーストラリアバレエ団にシニアソリストとして移籍。江川バレエ団、井上バレエ団、オーストラリアバレエ団来日公演、ボリショイ劇場でのブノワ賞授賞式・ガラ公演、パリ、シャンゼリゼ劇場でのガラ公演「21世紀のスターたち」などにゲストとして出演。 2005年、ブノワ賞に日本人初ノミネート。同年、香港舞踊協会より香港舞踊大賞を受賞。2008年、香港バレエ団に再入団。2010年に同団を退団。現在、活動の拠点を日本に移し、フリーのダンサー・教師として活躍。

藤野暢央先生のクラスのご案内はこちら

講師よりひと言

「ピラティス&バレエを通して学んでほしい事」

 バレエを踊ること、音楽に合わせて綺麗に体を動かすことが楽しい!レッスンを重ねていく中で誰もが「もっと上手になりたい」と願い、どのようにすれば上達するかを考えるはずです。

 僕は海外でプロとして踊っていたころにも「もっとつま先を伸ばして」とか「お腹の力が抜けているよ」などと注意を受けたことがあります。その度に少しムッとして「頑張っているつもりですが」と更に力んでみたものです。しかし今となって振り返ってみると、その時点までちゅんとした「つま先の延ばし方」や「引き上げ方」なんて教えられた記憶はないし、じっくり考えてみたこともなく、とにかく頑張ってみた結果が怪我にに繋がりました。そこでリハビリとして行ったピラティスで初めて「カラダの取り扱い説明書」と出会えたと思いました。

 自分の体の弱い部分と向き合い、そこを鍛えようとする志と努力はとても大事。しかし闇雲に頑張りすぎると故障に繋がることもあり、「正しい体の作り方」を知った上で鍛えていくと効率はよくなるはずです。

 そんな皆さまに適した体の使い方を発見し、より良い体作りやバレエの上達に繋がるお手伝いをすることが、僕の役割だと思っております。