ARCHITANZ(アーキタンツ) | 東京都・田町(三田)のバレエを中心としたスタジオ

ブログ

2021.07.31

8月のクラステーマ決定!動く解剖学クラス

ボディコンディショニング

梅雨が開け、暑さも本格的になってまいりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

夏バテや熱中症など、何かと体に負担がかかりやすいこの時期。

しっかりと水分補給をして、時には栄養があるものも食べて、健康管理には気をつけてくださいね☺

 

さて今日は、身体的健康管理にうってつけのこのクラス!✨

自分の身体を理解し整える『動く解剖学クラス』の8月のクラステーマをご紹介します。

8月は先月に引き続き、『バレエの脚の基礎の動き』を解剖していきたいと思います。

 

このクラスは毎回テーマに沿った解剖学の知識と説明をもとに自分の身体と向き合い、しっかりと身体を動かし正しい使い方を身につけるピラティスクラスになります。

座学ではなく、身体を動かすのがメインのクラスです

踊るための正しい知識と身体の使い方を身につけて、この夏を乗り切りましょー🌊

各回異なるクラステーマをご確認の上、ご自身の予定と興味に合わせてご受講ください。

それでは、皆さまのお越しを講師・スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

==========

 

杉本亮子先生による動く解剖学クラス

【日時】
8月7日() 16:30-18:00 @02スタジオ
8月14日() 16:30-18:00 @02スタジオ
8月21日() 16:30-18:00 @02スタジオ

【クラステーマ】
7日(脚を後ろに出す:ポジションからアラベスクへ
14日(脚を前に出す:ポジションからドゥバンに脚をあげる
21日(脚を横に出す:ポジションからアラセゴンドに脚を

 

【対象】
10歳以上ならどなたでもご受講いただけます。

 

【定員】
20名
※定員制、予約必須。 >>ご予約はこちら

※ご予約は開催日前日14時から受付開始致します。

 

【持ち物】
トレーニング・ウェア、靴下、筆記用具

 

【受講料】
¥2,500
※Aチケット、Bチケットもご利用いただけます。

※各種チケット購入時のみ、クレジットカード利用可能。
詳細はこちら

 

【講師】

杉本亮子|Ryoko Sugimoto

ボディコンディショナー。
お茶の水女子大学大学院修士課程 人文科学研究 舞踊教育学専攻(動作学)修了。
文化庁在外研修員としてNYにてダンスとボディ・コンディショニングの研修をおこなう。
Laban/Bartenieff Institute of Movement StudyにてCMA(Certified Movement Analyst)、Physical Mind Instituteにてピラティス・マットエクササイズの指導資格を取得。
Moving for Life(NY)の資格指導者となり、乳がんサバイバーのためのコンディショニングを始め、一般社団法人キャンサーフィットネスの理事に就任。
現在、昭和音楽大学やアーキタンツ、芸術家のくすり箱でダンスや音楽を専門とする人、立教大学、慶応義塾大学等で一般体育として、また運動指導者、ヨガインストラクター養成講座や理学療法士の講習会等、さまざまな専門分野の人々にボディ・コンディショニング、解剖学、運動生理学の指導、講義をおこなっている。アーキタンツ・トレーニング・プログラム(ATP) ボディコンディショニング担当講師。