ARCHITANZ(アーキタンツ) | 東京都・田町(三田)のバレエを中心としたスタジオ

ブログ

2021.08.09

柿崎麻莉子によるGaga&レパートリークラス開催

コンテンポラリーダンス

※写真は2019年に開催されたクラスの様子です。現在、クラス中はマスクを着用をお願いしております。

シャロン・エイアールとガイ・ベアール率いるイスラエルのダンスカンパニーL-E-V Dance Company に所属しながら、現在は日本を拠点に活動しているダンサー柿崎麻莉子。観る人を一瞬にして虜にする彼女のそのユニークな身体性! 圧倒的な空気感を持つ彼女は、バットシェバ舞踊団アンサンブルのメンバーとして映画『GAGA(ガガ)』にも登場しています。
近年では、振付家としても活動し、日本ダンスフォーラム賞を2年連続受賞。

そんな柿崎さんによる誰でも参加できるGagaとご自身の作品を学ぶ機会となるレパートリークラスを8月28日()に開催致します!

 

©christophe guyon

今回開催されるGagaクラスは、ダンス経験がなくても参加できる Gaga people になります。

 

【Gagaクラス内容】
Gagaは身体感覚への深い気づきと内観を土台としたクラスです。豊かなイメージに満たされたクラスは想像力を高めます。クラスは多感覚を同時に覚醒させるように構成されており、柔軟性・スタミナ・敏捷性・調整力・動きの効率性などのトレーニング効果があります。柔/硬、繊細さ/爆発力、控えめな動き/誇張した動きなど、遊び心のあるリサーチを通して、形やスピードなどの能力を養います。私たちが本来持っている身体を目覚めさせ、意識や潜在意識を動きへと繋げていくことで、体の可能性を広げます。共にスタジオで身体を動かし「踊る喜び」を感じましょう!


【Gagaクラスの特徴】
① 鏡は使いません

② 言葉でイメージを投げかけます クラスは即興的に進みます
講師が投げかける言葉からイメージを膨らませる想像力が必要です

③ 動き続けます
クラスの途中で動きを止めないことが大切です。
講師の説明中に体が止まらないように気をつけましょう。外に意識を開きながらも内観する能力を高めます。

④ 体の声を聴きます
クラス中は体の声に耳を澄ませます。体を動かす喜び(気持ちよく動いてる時だけでなく、限界まで体を使うときの必死さも含めて)を感じることも大切です。新しいタスクに挑戦する時や動きのボリュームを調整する時に、すでに立ち上がっている感覚を失わないように気をつけてください。

目を開けて動きます
講師の言葉を聴くだけでなく、講師の動きを見ることもしてくださ
い。 講師や他の受講者の動きに刺激を受けながら動きましょう。(目をあけたまま体を動かすことは脳の発達にもよいとされています。)

⑥ 見学はできません
クラスの見学はできません。スタジオにいる人は全員Gagaを行います。

⑦ 遅刻した場合は参加できません
Gagaクラスは途中入場ができません。 参加者全員のグループ感が大切なため、必ず時間通りに参加してください。

 

以下、柿崎さんからのメッセージです。


私のダンサー人生のなかでGagaと出会ったことは大きな転機でした。目から鱗がぽろぽろおちるみたいに、体からいろんな癖や思い込みが落ちていくこと、なにより心が開いていくのを感じました。一緒に踊りましょう。

柿崎麻莉子


【レパートリークラス内容】
作品『wild flowers』よりソロパート抜粋

怒りや攻撃性を彷彿とさせる、エネルギッシュな鋭い身体性が特徴的なパートです。見た目ではなく、動きの質感や個人の身体感覚に重きを置いた振付を通して、振付を経験する感覚を体験してもらいたいと考えています。

 

==========

 

【日時】
 8月28日() @02studio
14:30-15:30 Gaga peoepleクラス←遅刻厳禁。途中からの参加はできませんのでご了承下さい。
15:45-17:15 レパートリークラス

 

【対象・レベル】
中学生以上。Gagaはどなたでもご参加出来ます。
レパートリークラスは初級です。


【定員】
各クラス18名
※定員制、予約必須。>>ご予約はこちら
※ご予約は開催日前日14時から受付開始致します。

 

【持ち物】
動きやすい格好(Tシャツやジャージ可)

 

【受講料】
¥2,500/1クラス
※Gagaとレパートリーそれぞれが1クラスとなります。
※チケットをご利用いただけます。
※各種チケット購入時のみ、クレジットカード利用可能。
詳細はこちら

 

【講師】

©morikohga

柿崎麻莉子|Mariko Kakizaki

LEV sharon eyal|Gai bachar 所属。
香川県生まれ。幼少期は新体操に励む。筑波大学入学後コンテンポラリーダンスと出会う。
2011年、韓国国際ダンスフェスティバル(KIMDC) にてダンサーとして金賞を受賞。
2012年、イスラエルのダンスカンパニー「Batsheva Dance Company ensemble」に入団。
2013年 、香川県文化芸術新人賞受賞。KAGAWAアンバサダー。
2014年、Jerusalem Dance week competitonにて振付作品が受賞。
2015年、「L-E-V Sharon Eyal | Gai Behar」に入団。世界ツアーと並行して各国でワークショップを行う。
2020年、第14回日本ダンスフォーラム賞受賞。
2021年、第15回日本ダンスフォーラム賞受賞。