ARCHITANZ(アーキタンツ) | 東京都・田町(三田)のバレエを中心としたスタジオ

ブログ

2020.05.21

著書「ぼくらしく、おどる」/ 大前光市

スタッフブログ

リオパラリンピック閉会式や紅白などで話題となったダンサー、大前光市。これまでのダンサーとしての歩みをまとめた初の著書「ぼくらしく、おどる 義足ダンサー大前光市、夢への挑戦」が今月5月に発売されました!

 

大前さんと言えば、アーキタンツが企画制作協力している2009年に開催された《伝統と創造シリーズ》vol.2「『トリプル・ビル』」にて、トリプル・ビルの1作品アレッシオ・シルヴェストリン振付による「かけことば」に出演されました。

 

アレッシオさんによる和とコンテンポラリーダンスが見事に融合された演出、そしてダンスの可能性を常に広げ続ける大前さん等のその素晴らしい踊りによって観客を魅了されていました。その舞台での出来事も発売された著書に書かれております✨

 

小学生の方からでも楽しめる内容で、どなたでも大変読みやすくなっている書籍です。大前さん曰く「好きなことに向かう時、この先どうしようかな、という時に、背中を少し押してもらえる本だと思います。」とのこと。是非お家でゆっくり過ごされる時は読まれてみてはいかがでしょう☺️

 

 

ご購入は各社HPより

学研

楽天ブックス
honto
セブンネット

 

 

【プロフィール】

大前光市 | Koichi Omae

交通事故で左足を失ったダンサー。
大阪芸術大学 舞台芸術学科 舞踊コース卒業
Chacott「トリピュア」イメージキャラクター
関西大学人間健康学部 客員教授
しながわ2020スポーツ大使
岐阜県より芸術文化奨励賞を授与
米国アーティストビザ(O-1)を所得
左足を失ってからクラシックバレエやコンテンポラリーダンス以外に、マシンピラティス、男子新体操、武術などのトレーニングを受ける。
30歳を過ぎてから国内外のコンクールにて多数の一位を受賞する。2016年 リオデジャネイロの大舞台にて片足4回連続バク転をし世界中を驚かせる。2017年 紅白歌合戦にて平井堅と共演、その後のNHKスペシャルで特集され大反響を呼ぶ。2018年 MGMに招待され米国ラスベガスにてJABBA WOCKEEZと共演し大成功を収める。宮本亜門、鼓童、山本寛斎、Ai(歌手)、MIYAVI、はるな愛、白石加代子、津村禮次郎、Alessio Silvestrin、近藤良平、平山素子、辻本知彦らと仕事をし国内外の舞台だけでなく、テレビ、ラジオ、GQなどのファッション雑誌やメディアへの出演も多い。踊り続けていくために必要な体の使い方、日常生活で楽に体を動かす方法、凹まないメンタルなど、老若男女や障害を問わず日本全国 津々浦々たくさんの人に伝えている。

 

YouTubeライブ公開中

大前光市特別ライブ

『ぼくらしく、おどる』