ARCHITANZ(アーキタンツ) | 東京都・田町(三田)のバレエを中心としたスタジオ

インストラクター

Alessio Silvestrinアレッシオ・シルヴェストリン

1973年イタリア生まれ。モンテカルロ市グレース王妃ダンスクラシック・アカデミーを卒業後、スイス・ローザンヌのルードラ・ベジャール学校にて学ぶ。その後ベジャール・バレエ・ローザンヌ、リヨンオペラ座バレエ団にてダンサーおよび振付家として活躍。1999年よりウィリアム・フォーサイス率いるフランクフルトバレエ団に所属。退団後もフォーサイスカンパニーのゲストアーティストとして活躍。

2007年、建築家 安藤忠雄氏が手がけた「21_21 Design Sight」のオープニングプログラムにて、ウィリアム・フォーサイスのインスタレーション作品「Additive Inverse」でパフォーマンスを披露。その他にも、コロンブスのウェクスナー・芸術センター、バーゼルのバイエラー美術館、ロンドンのサドラーズウェルズやテートモダン等にて、ウィリアム・フォーサイスの作品でパフォーマンスを披露。

また、ヴィチェンツァ市の音楽学校およびモンテカルロ市のアカデミー音楽学校ラニエールIIIにて音楽も学ぶ。作曲家フランチェスコ・ヴァルダンブリーニの指導のもと、トリコルダーレ(Tricordale)音楽という新楽派に加わり、フィボナッチ数列に基づくセリー体系を拡張して、みずから作曲した音楽は自身の振付作品にも使用している。

2003年より日本を拠点にフリーランスアーティストとして活動を始め、日本国内および海外の国々でさまざまな活動に関わる。
2005年愛知芸術文化センターによるダンスオペラ「青ひげ城の扉」にて、演出、振付、映像、美術を担当し、自身も出演。イタリア・ヴェネチア・ダンスビエンナーレからの招聘で、能楽師・津村禮次郎とともに「Ritrovare/Derivare」を上演。Noism05「Triple Bill」委嘱による「DOOR INDOOR」を発表。
新国立劇場コンテンポラリーダンス「ダンスプラネットNo,18」では、トム・ウィリアムスが音楽を担当した作品「noon afternoon」をマイケル・シューマッハと共に発表。2007年、山口情報芸術センターによる「混舞(Dance mix)」プロジェクトにて振付を担当、また、自作のビジュアル・アートを展示。
2008年、ブラジルのダンス・カンパニーSao Paulo Conpanhia de Dancaから委託を受け、「Poligono」の振付・演出を担当する。当作品はカンパニーのオープニング・プログラムのために創作されたもので、J.S.バッハの「音楽の捧げものの」をもとにブリュッセルの室内楽グループ・Het Collectiefによって再現された。
その他にも、さまざまなアーティストとのコラボレーション活動を行っているほか、現在、洗足学園音楽大学講師として教鞭を執っている。

現在の講師

今後の講師

過去の講師