ARCHITANZ(アーキタンツ) | 東京都・田町(三田)のバレエを中心としたスタジオ

インストラクター

Alessio Silvestrinアレッシオ・シルヴェストリン

モンテカルロ市グレース王妃ダンス・クラシック・アカデミー、ローザンヌ・ルードラ・ベ ジャールをともに奨学金で卒業後、ベジャール・バレエ・ローザンヌ、リヨン・オペラ座バレエ 団にてダンサーおよび振付家として活躍。1999年よりウィリアム・フォーサイス率いるフランク フルト・バレエ団に所属。退団後も、2007年、安藤忠雄が設計した「21_21 Design Sight」開館プ ログラムにてフォーサイスのインスタレーション『Additive Inverse』に出演する等、フォーサイ ス・カンパニーのゲスト・アーティストとして招聘される。

また、ヴィチェンツァのアリッゴ・ペドロッロ音楽院でピアノを、モナコのレニエ三世音楽院で ハープシコードを学び、作曲家フランチェスコ・ヴァルダンブリーニの指導のもとトリコルダー レ(Tricordale)音楽という新楽派に加わるなど、作曲・演奏活動も続ける.

2003年以降日本を拠点に活動。
主なものとして: 2005年、愛知芸術文化センター制作のダン ス・オペラ『青ひげ城の扉』で演出、振付、映像、美術を担当し、自身も出演。同年、ヴェネチ ア・ダンス・ビエンナーレからの招聘で『Ritrovare/Derivare』を能楽師・津村禮次郎と共演。2008 年、ブラジルのダンス・カンパニー「São Paulo Companhia de Dança」からの委託で『Polígono』の 振付 ・ 演出。2011年、「Noism 01」の招聘で振付けた『折り目の上』では、能楽から着想された ピアノ、フルートのソロ作品を発表する等、日本伝統文化に対する独自の切り口を示す。2014 年、 新国立劇にてスタジオ・アーキタンツ制作の『Opus 131』を振付。同年、東京文化会館にて 『ボレロ』を演出、日本舞踊・花柳流と共演する吉田都を振付。2017年、カールスルーエ・アー ト・アンド・メディア・センター「ZKM」にて『Tang』を彫刻家アントン・ヒムシュテットと共 作、出演。2019年、パリ・オペラ座にて、W. B. イェィツ作、杉本博司が演出する『鷹の井戸』を 振付(2020年、NHK・Eテレにて本編と特集番組が放送される)。現在、洗足学園音楽大学講師。
!アーティストとして活動を始め、日本国内および海外の国々でさまざまな活動に関わる。
2005年愛知芸術文化センターによるダンスオペラ「青ひげ城の扉」にて、演出、振付、映像、美術を担当し、自身も出演。イタリア・ヴェネチア・ダンスビエンナーレからの招聘で、能楽師・津村禮次郎とともに「Ritrovare/Derivare」を上演。Noism05「Triple Bill」委嘱による「DOOR INDOOR」を発表。
新国立劇場コンテンポラリーダンス「ダンスプラネットNo,18」では、トム・ウィリアムスが音楽を担当した作品「noon afternoon」をマイケル・シューマッハと共に発表。2007年、山口情報芸術センターによる「混舞(Dance mix)」プロジェクトにて振付を担当、また、自作のビジュアル・アートを展示。
2008年、ブラジルのダンス・カンパニーSao Paulo Conpanhia de Dancaから委託を受け、「Poligono」の振付・演出を担当する。当作品はカンパニーのオープニング・プログラムのために創作されたもので、J.S.バッハの「音楽の捧げものの」をもとにブリュッセルの室内楽グループ・Het Collectiefによって再現された。
その他にも、さまざまなアーティストとのコラボレーション活動を行っているほか、現在、洗足学園音楽大学講師として教鞭を執っている。

After graduating with a scholarship from Académie de Dance Classique Princesse Grace in Monte-Carlo and École-Atelier Rudra Béjart in Lausanne, he worked as dancer and choreographer at the Béjart Ballet Lausanne and the Lyon Opera Ballet. Since 1999, he joined the Frankfurt Ballet, directed by William Forsythe, and furthermore regularly invited as a guest artist of The Forsythe Company, for example, performing the Forsythe's installation Additive Inverse for the opening program of 21_21 Design Sight, designed by Tadao Ando.

He also studied piano at the Music Conservatory “A. Pedrollo” in Vicenza and harpsichord at the Académie de Musique Prince Rainier III in Monte-Carlo. Guided by Maestro Francesco Valdambrini, he joined the composers of the new school of “Tricordale Music,” and his compositions have been used in synthesis for his choreographic works as well.

Active since 2003 in Japan. Among his creations: In 2005, he directed and choreographed the Dance Opera Bluebeard’s Doors produced by Aichi Arts Center, and performed his work Ritrovare/Derivare with the Noh actor Reijiro Tsumura at the Venice Dance Biennale. In 2008, he directed and choreographed Polígono commissioned by the Brazilian dance company São Paulo Companhia de Dança. In 2011, he choreographed Orime no Ue for the Japanese dance company Noism 01, presenting a unique approach to Japanese traditional culture, including his music compositions of piano and flute inspired by Noh. In 2014, choreographed Opus 131 produced by Studio Architanz at the Tokyo New National Theater, and choreographed “Bolero" for Miyako Yoshida, co-starred with the Japanese Nihon Buyo Hanayagi at the Tokyo Bunka Kaikan. In 2017, he performed Tang co-authored with sculptor Anton Himstedt at the Karlsruhe Art and Media Center ZKM. In 2019 he choreographed for the Paris Opera Ballet At the Hawk’s Well after W.B.Yeats, directed by Hiroshi Sugimoto (broadcasted in two programs by NHK E-Tele in 2020). Currently, he is a member of the dance faculty at Senzoku Gakuen Music College.

現在の講師

今後の講師

過去の講師