ARCHITANZ(アーキタンツ) | 東京都・田町(三田)のバレエを中心としたスタジオ

インストラクター

Guy Poggioliギー・ポジョリ

2018.7.1~7.23
1977年、パリ・オペラ座バレエ学校を卒業後、ソリストとしてマッシモ劇場やフィレンツェ市立歌劇場と契約。1979年からモーリス・ベジャール率いるベルギー国立20世紀バレエ団に入団しソリストとして活躍。その後、ミラノ・スカラ座バレエ団やトリノ・テアトロ・ノーヴォでソリストとして契約し、1988年よりアメデオ・アモディオが芸術監督を務めるイタリアのモダンダンスカンパニー〈Aterballetto〉にて10年プリンシパルダンサーを務める。1997年、キール劇場に移籍後もエトワールとして活躍。また、同年にフランス政府認定バレエ教師国家資格を取得。

1998年、ブランカ・リーとバレエ作品《LE SONGE DU MINOTAURE》に出演し、さらに2001年にはパリ・オペラ座においてブランカの《シェラザード》を振付。

現在は、パリのグーベ・ユニバーサル・ヨーロピアン・ダンスにおいてのバレエ講師、バレエ教師養成コース講師として指導にあたる傍ら、日本では全国各地でバレエ講習会を開催し、コンクールの審査員も務める。振付家、バレエ教師そして審査員として活動の幅を広げている。

Guy Poggioli
In 1977, Guy graduated Paris Opera Ballet School and joined Massimo Theater and Communal Theatre as a soloist. In 1979, he joined “Ballet du XXe Siècle” directed by Maurice Béjart. He danced many Béjart’s creations. In 1985, he joined La Scala Theater in Milan and Téatro Nouvo as a soloist. And he danced as a Principal Dancer with The Ater Balletto for ten years. In 1997, he moved to Kiel Theater in Germany and after that, he gained his National Teaching Qualification for Ballet. In 1998, he joined Blanca Li Company as a dancer and from 2000, he worked as a rehearsal assistant and choreographer. Currently Guy is working as a ballet teacher as well as choreographer in Paris.

現在の講師

今後の講師

過去の講師