ARCHITANZ(アーキタンツ) | 東京都・田町(三田)のバレエを中心としたスタジオ

インストラクター

Maylen Tleubaevマイレン・トレウバエフ

ロシア・サンクトペテルブルグ生まれ
1994年ワガノワバレエアカデミーを卒業
1994年~マリインスキー劇場ソリスト
1998年~レニングラード国立バレエ(ミハイロフスキー劇場)ソリスト
2002年~新国立劇場へソリストとして移籍
2008年~同劇場ファーストソリスト
2011年~2016年同劇場プリンシパル
外国人として初めてのプリンシパルとして、数々の全幕バレエの主役、重要なソリストを務めた。2002年6月にはワガノワバレエアカデミー・バレエマスターコースを第1期生として卒業。バレエマスターのロシア国家資格を取得。
現在、クラシック・デュエットの他、全幕バレエには欠かせないキャラクテールダンス(民族舞踊)、バレエのためのアクチョール(演技法)の日本では数少ない教師としても活躍。ワガノワバレエアカデミーでは、恩師である演技法のアレクサンドル・スチョーピン氏の代講を務めていた。その他国内外でバレエコンクール審査員や特別講師を務め、振付家としても活躍。バレエコンクール用の創作作品、全幕バレエの振り付け・指導も行っており、近年はロシアやカザフスタンの国立バレエ学校へ定期的に招聘されている。

現在の講師

今後の講師

過去の講師