ARCHITANZ(アーキタンツ) | 東京都・田町(三田)のバレエを中心としたスタジオ

インストラクター

Sandra Asensiサンドラ・アセンスィ

ヴィクトル・ウラテ・バレエ学校で学んだ後、マドリード音楽院にて優等学位を取得。
その後、17歳の時にバーゼル・バレエ団でキャリアをスタートさせ、1991年、ハンブルク・バレエ団に入団し、古典バレエをはじめネ様々なオクラシック作品でソリストを務める。
2000年にリヨン・オペラ座バレエ団にソリストとして入団し、イリ・キリアン、マッツ・エック、ナチョ・ドゥアト、ウィリアム・フォーサイス、アンジュラン・プレルジョカージュなど著名な振付家の作品を踊る。
その後はヴィクトル・ウラテ・バレエ学校、アントワープ王立バレエ学校サマープログラム、スタジオアーキタンツ等で講師として指導にあたる。2008年よりマドリード・コンセルヴァトワールにて専属バレエ教師となるほか、日本ではバレエコンクールの審査員も務める。

Sandra Asensi studied ballet with V. Ullate and C. Roche in Madrid, and obtains the superior degree in the Real Conservatorio de Madrid.
Aged 17, she starts working with H. Spoerli company in Basel.
She then joins the J. Neumeier company in Hamburg, dancing solo roles in the classics (Swan Lake, Nutcracker, Romeo and Juliet, Sleeping beauty, etc.), and several neoclassical pieces.
In 2000, she enters as soloist in the Lyon opera ballet, working with a large number of neoclassical and modern choreographers as Kylian, Mats Ek, Duato, M. Marin, A. Prejlocaj, T. Tharp, Forsyth, O. Naharin, etc.
She is now teaching ballet in the Conservatory in Madrid.

【メッセージ】オリヴィエ&サンドラより
スペシャリスト、サンドラ!
サンドラ先生ラストクラス!

現在の講師

今後の講師

過去の講師