ARCHITANZ(アーキタンツ) | 東京都・田町(三田)のバレエを中心としたスタジオ

インストラクター

Kenta Shimizu清水健太

【担当クラス】
◇バレエ/初級(※9月より開講)
木曜日 12:00~13:30

【プロフィール】
10歳よりバレエを始める。ワレリー・コフトン、宗田静子、原田高博、夏山周久らに師事。
2000年、ローザンヌ国際バレエ・コンクールにてスカラーシップ賞/コンテンポラリー賞を受賞。
2000年〜2001年、英国ロイヤル・バレエ学校に留学。在学中2001年1月〜3月、バーミンガム・ロイヤル・バレエ団のチューダー振付『リーズの結婚』に出演。
2002年、札幌開催のユース・アメリカ・グランプリにて1位、ニューヨーク開催の本戦にて銀賞受賞。同年、マイアミ・シティ・バレエ団に入団し、2004年にソリスト、2006年にプリンシパル・ソリストに昇格。
主なレパートリーには、『ドン・キホーテ』のバジル/エスパーダ、『コッペリア』のフランツ、『ジゼル』のペザントのパドドゥ、『白鳥の湖』の王子、『シンデレラ』の王子、バランシン振付『テーマとヴァリエーション』『四つの気質』『ストラヴィンスキー・ヴァイオリン・コンチェルト』『シルヴィア』『シンフォニー・イン・C』、『セレナーデ』、トワイラ・サープ振付『ナイン・シナトラ・ソングス』『イン・ザ・アッパー・ルーム』、チューダー振付『ライラック・ガーデン』、ロビンス振付『ダンシズ・アット・ア・ギャザリング』など。
2007年、マイアミ・シティ・バレエ団退団。同年7月、Kバレエカンパニー
『ドン・キホーテ』に主演。9月、ジュニア・プリンシパルとして入団し、12月にプリンシパルに昇格。
たけしの誰でもピカソに出演し、『ラプソディ』を披露。
主な主演作は、熊川版『ジゼル』のアルブレヒト、『白鳥の湖』ジークフリード、『くるみ割り人形』のくるみ割り人形/王子、『コッペリア』のフランツ、『海賊』のコンラッド、『ロミオとジュリエット』のロミオ/ティボルト、『ベートーベン第九』第一楽章主演、プティ振付『カルメン』のドン・ホセ、アシュトン振付『ラプソディ』主演、『バレエ・ピーターラビットと仲間たち』のジェレミー・フィッシャーどん、『シンフォニー・イン・C』第2楽章主演。

2009年〜現在にかけて、アメリカのロサンゼルスバレエ団のゲストプリンシパル。ボストンバレエ団プリンシパルダンサーの倉永美沙、ペトラコンティ、シュツットガルトバレエ団プリンシパルダンサーのエリサバデネスをゲストとして迎えた際のパートナーを務める。

2011年1月 アメリカ コロラド州のナショナルバレエデンバー主催のガラ公演に佐々部佳代と一緒にゲスト出演。

ロサンゼルスバレエ団でのレパートリー、王子『くるみ割り人形』、アルブレヒト『ジゼル』、ジークフリート『白鳥の湖』、1stパドトロワ、パドドゥ『アゴン』、主演『ルビーズ』、主演『スターズアンドストライプス』、ジェームズ『ラ・シルフィード』、デジレ王子『眠れる森の美女』、バジル『ドンキホーテ』、ロミオ『ロミオとジュリエット』、主演『セレナーデ』、主演『放蕩息子』。1楽章、4楽章主演『ウエスタンシンフォニー』、アズーレバルトン『Untouched』、『Les Chambres des Jacques』。

2018年バレエ協会埼玉ブロック主催の第30回記念公演『バレエファンタジー』において自ら再演出、改訂振り付けをし、酒井はなを相手に主演も務める。

現在の講師

今後の講師

過去の講師