ARCHITANZ(アーキタンツ) | 東京都・田町(三田)のバレエを中心としたスタジオ

ブログ

2021.02.13

2月の月イチお能クラスは?

伝統芸能

今月の月イチお能クラスは今週末。2月14日()の16:30からの開催になります。

演目は胡蝶(こちょう)に挑戦します!

梅の花と、それに憧れを抱く蝶の話です。早春にふさわしい、春を先取りできる演目となっております。

あらすじはこちら

 

また話は変わりまして、先日からTBS系列にて『俺の家の話』というドラマが始まりましたね。

このドラマはなんと、能の家元の家族にまつわるお話となっています。能のお話がメインというわけではないのですが、観ているとアーキタンツのお能クラスでも話題に上がるような言葉がチョイチョイ出てきています。

お能クラスで謡や仕舞を実際に経験してからドラマを観ると、より楽しめるかもしれませんね!✨

そもそも、ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』世代の私としては、『脚本・宮藤官九郎×主演・長瀬智也』の黄金コンビというだけでワクワクが抑えきれないです😁

ご興味のある方は、お能クラスと併せてぜひ!

それでは、皆さまのお越しをお待ちしております。

 

==========

2月のお能クラス 〜胡蝶(こちょう)〜

【日時】
2月14日() 16:30-18:00 @02スタジオ

【受講料】
¥3000
※現在、新型コロナウイルス感染症対策としてクラスの事前予約をお願いしております。ご予約はクラス開催日の前日14時から承ります。
ご予約はこちらから。

【定員】
18名

【対象】
初心者大歓迎!どなたでもご受講いただけます。

【持ち物】
もしお持ちでしたら、足袋をご持参下さい。
※スタジオにて、数に限りはございますが無料で扇の貸出をしております。ご希望の方はスタッフまでお気軽にお申し付け下さい。

【講師】

津村禮次郎|Reijiro Tsumura

観世流緑泉会代表。重要無形文化財(能楽総合)保持者。社団法人日本能楽会・社団法人能楽協会会員。

一橋大学在学中に観世会に所属し、女流能楽師の開祖、津村紀三子に師事。1969年、観世流師範。1974年に緑泉会会主。1991年、重要無形文化財保持者に認定される。古典能の公演のほか指導者として若手の育成に努める。また、他ジャンルのアーテイストとのコラボレーションや新作能、創作的活動にも意欲的に取り組んでおり、アレッシオ・シルベストリン、森山開次などのダンサーとも共作、共演している。イギリス、ベルギー、スペイン、シンガポール、スウェーデン、ノルウェーなど海外公演も多数。