ARCHITANZ(アーキタンツ) | 東京都・田町(三田)のバレエを中心としたスタジオ

ブログ

2018.05.15

笠井叡特別ワークショップ 完結!

ワークショップ

昨年6月より月イチで開催されてきた「笠井叡特別ワークショップ」が、先日5月12日をもって完結いたしました。
1年間通して、全12回ご受講して頂いた皆様、単発受講して頂いた皆様。
大変多くの方々にご受講頂きました。
本当にありがとうございました!

このワークショップは毎月笠井さんより1つのテーマが与えられ、それに従ってレクチャー、振り付け、ワークを行うという形で進められてきました。

2017年6月24日の回より


 

7月15日の回より



このワークショップ中、テーマや概念を笠井さん自ら声と身体を使って体現されているお姿が、とても印象的でした。
その説得力の有り様にただただ見入ってしまうことも、しばしば。


9月16日の回より


10月21日の回より




11月18日の回より


2018年3月10日の回より


そして、最終日となった5月12日は一般の方々が無料で見学できる公開ワークショップとし、その最後に1年間の総まとめとして、受講生によるショーイングも開催されました。

5月12日のショーイングより





ショーイングの振りはダイナミックな動きが多く、大変ハードなものでした。
しかしながら、受講生の皆さんは一人ひとりが最初から最後まで全力で踊られていて、その懸命なお姿が観ている我々に大きな感動を与えてくれました。

そして、12回のワークショップとショーイングを終え、数人の受講生の方に1年間の感想をお聞きしました。

・1年間は長いようであっという間だった。
・毎回違うテーマ、違うエクササイズだったので、新鮮な気持ちで取り組むことができた。
・今回は、年間ワークショップという他にはあまりない形式だったが、だからこそ短期集中型のワークショップよりも考えやムーヴメントを良い意味で熟成させて次に臨むことができた。
・また、1年間参加することで周りの人の成長を感じることができ、お互い切磋琢磨しながら取り組むことができた。
・舞踏のワークショップというと何か難しそうな感じがしたり、決まった型にはめられるようなイメージがあるが、笠井さんはそのようなことはせず、舞踏というよりももっと踊りの本質的な事を教えてくださっていた気がする。
・そして、仮にわからないことがあっても正解などはなく、一人ひとりが解釈し思い込めばいい、とのお言葉に気が楽になった。

などなど。
ご感想をお聞きして、受講生の皆様がとても前向きに参加してくださっていたことを、さらにこのワークショップを通して何か成長できるキッカケを掴もうとしてくれていたこと、とても嬉しく思います。
受講生の皆様、本当にお疲れ様でした!

そして、そんな貴重な機会を1年間という長期に渡りご指導くださった笠井さん。
本当にありがとうございました!!