ARCHITANZ(アーキタンツ) | 東京都・田町(三田)のバレエを中心としたスタジオ

ブログ

2018.10.07

11月ゲスト講師Mathieu Rouviere先生のご紹介

バレエ コンテンポラリーダンス

お待たせいたしました!11月のタイムテーブルが完成いたしましたので、皆さま是非ご確認ください🤗

 

来月11月は招聘講師のThomas Gallus先生に加え、3日間限定でRobert Tewsley先生、そしてアーキタンツ初登場となりますMathieu Rouviere先生をゲスト講師としてお迎えする豪華な月となっております✨

 

 

本日は、アーキタンツで初めてご指導いただくMathieu Rouviere先生の紹介をさせていただきます!

 

フランスの第3の都市リヨンからいらっしゃるMathieu先生。その街の中心にある美しいオペラ座でダンサーとして近年までご活躍されていました✨ その以前にはスイス、スペイン、カナダのダンスカンパニーであらゆる振付家の作品に出演され、ダンサーとしてのキャリアが大変豊富な先生です!

 

また、Thomas先生やRobert先生ともダンサー時代からご交流が深いとのこと🖕

どんなクラスが行われるのかお楽しみに✨

 

 

 

【Mathieu先生のクラス詳細】

11月8日㈭ レベルフリー 19:15-20:45 01 studio

11月9日㈮ 上級バレエ 12:00-13:30 @01 studio

 

11月10日㈯ コンテンポラリー 17:30-19:00 @02 studio

11月11日㈰ コンテンポラリー 15:45-17:15 @02 studio

 ※コンテンポラリークラスの詳細は近日公開予定。

 

 

【講師プロフィール】

Mathieu Rouviere | マチュー・ルビエール

 

フランスのマンド出身。15歳でマルセイユ国立高等舞踊学校に入学。ローラン・プティやドミニク・カルフーニなどの下で学ぶ。卒業後はジュンヌ・バレエ ・ドゥ・フランスに所属。1997年よりチューリッヒ・オペラ・バレエ団に入団し、同団のレパートリーに加え、ジョージ・バランシン、マース・カニングハムなどの様々な振付家の作品を踊る。2003年、ナチョ・ドゥアト率いるスペイン国立バレエ団マドリードに移籍。ドゥアトの作品の他マッツ・エック、ヤコポ・ゴダーニ、ウィリアム・フォーサイスなどの作品に出演。

2009年、カナダのモントリオールに拠点を置くレ・グラン・バレエ・カナディアンに所属し、イリ・キリアンの『Bella Figura』、マッツ・エック『The Sleeping Beauty』、オハッド・ナハリン『Minus1』に出演。翌年フランスに戻り、ダンサーとしてのキャリアを終える2015年までリヨンオペラ座バレエで活躍。

現在はダンス指導者として活躍の場を広げ、フランスのリヨンを拠点に活動し、バーゼルバレエ やドレスデン・フランクフルト・ダンスカンパニーにてゲスト講師を務める。