ARCHITANZ(アーキタンツ) | 東京都・田町(三田)のバレエを中心としたスタジオ

ブログ

2019.05.06

ソロ・コーチング・ワークショップが開催されました!

バレエ

アーキタンツではコンクールシーズンに先駆け、ジュニアの部とシニアの部に分けて計4日間の『ソロ・コーチング・ワークショップ』が開催されました!

ウォームアップクラスではバリエーション1曲を踊り通すために必要な基礎の部分から技術的な部分までを見直しました。間違って覚えてしまっている悪い癖などを受講生達が再認識できるよう、今後のクラスのために細かく指導していたのが印象的でした。

バリエーションの練習は『コーチング』と『ランスルー』の2部に分かれて行います。

『コーチング』では主に講師陣が各バリエーションを実際に審査員としての視点からチェックを行い、コンクールでは絶対にやってはいけないことや、反対に絶対にやらなければいけないこと、などを一人ひとりチェックしました。
技術的な身体の使い方から音やアクセントとり方、実際に踊っているバリエーションの役を本当に理解した上でパントマイムを行い表現が出来ているか、バリエーションを通して物語が見えてくるかなど、コンクールにて点数に関わる点を細かく指導されておりました。

『コーチング』で全員の注意が終わって後は『ランスルー』を行い、舞台同様の大きさのスタジオで今まで練習してきたバリエーションに更に磨きをかけていきます。

バリエーションを踊るにあたってとても大切な舞台の使い方やスペーシングの大切さを一人ひとりの演目に合わせて確認を行い、実際に本番さながらの環境で実践していきます。

講師二人にみてもらいながら個人的に何が必要か、踊っているときだけではなく普段の練習での意識の持ち方、先生からの注意をどうやって自分の身体に染み込ませ上達に繋げるかなどを詳しく説明してくださいました。

今回のワークショップを通して、皆様がコンクールでバリエーションを踊ることに対し、技術面だけではなくメンタル面での練習の仕方など学び、上達への近道のきっかけを掴めたことをスタッフ一同祈っております!