ARCHITANZ(アーキタンツ) | 東京都・田町(三田)のバレエを中心としたスタジオ

ブログ

2020.07.30

7月31日(金) 小尻健太&榎本真弓 スペシャルコラボクラス!

バレエ

アーキタンツのレギュラーピアニスト、榎本真弓さんの新作バレエレッスン用CD「La Lettre -beyond-」が6月12日より絶賛発売中です。前作「Les Studio」からなんと8年ぶりの今作!心待ちにされていた方も多かったことと思います。

 

今回のレコーディングでは、モナコ公国モンテカルロバレエ団をやネザーランド・ダンスシアターでご活躍されたダンサー/振付家の小尻健太さんに実際にエクササイズをしていただきながら収録したそう。小尻さんの動きから受け取った雰囲気や間合いが閉じ込められた音楽の数々がお聞きいただけます。榎本さんならではのミュージカリティと即興性が感じられ、よりバレエレッスンが楽しめる作品です。

 

そして今回!この新作CDの製作に携わったお二人によるバレエクラスが明日7月31日にアーキタンツにて開催されます。もしかするとCDに収録された曲がクラス内でも聞けるかも?!是非お楽しみに😊

 

■開催日時■

7月31日(金)

10:00-11:30 上級バレエクラス

12:30-14:00 上級バレエクラス

※定員制。ご予約受付は本日30日(木)14時より。

※ご予約はこちらから>>ご予約フォーム

 

 

スタジオでは新作CD「La Lettre -beyond-」の販売も行っておりますので、気になる方は遠慮なくスタッフへお声がけ下さい。ご購入の詳細についてはこちらから↓↓

 

 

 

【プロフィール】

アカンパニスト

榎本真弓|Mayumi Enomoto

武蔵野音楽大学卒業。遠藤道子、丸山徹薫、M.シュタイン各氏に師事。卒業後、バレエピアニストとしての活動を始める。ゆう企画主催のセミナーにてMusicality Classの講師を務め、ローザンヌバレエコンクール元審査委員長ヤン・ヌイッツ氏より高い評価を受ける。2002年~2005年、熊川哲也主宰Kバレエカンパニー・スクール主任ピアニストを務める。2006年、NHK教育番組「からだであそぼ」バレエ入門の伴奏を担当。2009年、文化庁在外研修員としてウィーン国立オペラ座、オランダ王立コンセルヴァトワールにて研鑽を積む。2010年バレエシャンブルウエストの公演「おやゆび姫」ではモーツァルト ピアノ協奏曲を演奏。現在、アーキタンツ、岡本佳津子スペシャルクラス、バレエシャンブルウエストを中心にスクール、講習会、リハーサル、著名ダンサーの来日公演(エトワール・ガラ等)等のレッスンピアノを務める。

 

バレエ講師

小㞍健太 | Kenta Kojiri 

ダンサー・振付家、Dance Base Yokohama ダンスエバンジェリスト。3歳からクラシックバレエを始め、1999年ローザンヌ国際コンクールのプロフェッショナルスカラーシップ賞受賞をきっかけにヨーロッパでプロダンサーとしてキャリアをスタート。モナコ公国モンテカルロバレエ団を経て、世界的振付家イリ・キリアン率いるネザーランド・ダンスシアター(NDT1)に日本人男性として初めて入団を果たし高い評価を得る。現在は『Study for Self/portrait』(原美術館)など創作活動を軸に、フリーランスのダンサー兼振付家として国内外で活躍するほか、オペラ、ミュージカル、フィギュアスケートなどの振付・演出・指導、フィギュアスケート日本代表選手の表現指導、カンヌ・ロゼラ・ハイタワー・バレエ学校 ゲスト講師、Dance Lab「ダンサー、言葉で踊る」のキュレーター、さいたまダンスラボラトリ(彩の国さいたま芸術劇場)の講師/ナビゲーターを務めるなど多岐にわたる。