ARCHITANZ(アーキタンツ) | 東京都・田町(三田)のバレエを中心としたスタジオ

ブログ

2019.09.06

ピナとジュリー

公演

今月下旬から来月上旬にかけて開催される、ジュリー・アン・スタンザック ワークショップ&劇場ショーイング『Dancing inner voice』

その劇場ショーイングのチケット受付が開始になりました!

 

ARCHITANZ2018『月の銀を噛み、太陽を口に』 振付:ジュリー・アン・スタンザック 撮影:瀬戸秀美

ピナ・バウシュと共に長年クリエーションを重ねてきたジュリー・アン・スタンザック。

言わずもがな、ジュリーの作品にはピナのダンスDNAが脈々と流れています。

ピナと出会ったことで、彼女の運命が大きく変わったと言っても過言ではないでしょう。

 

まさに、タンツで出会った、タンツであった、タンツテアター

 

そうです。今あなたがイラッとした感情も、人間だから。笑

そんな、現代に生きる人々の怒りや苦悩を包み隠さず身体を通して舞台上で表現する、タンツテアター。

ジュリーは今回、いったいどんな人々と出会い、どんな人間ドラマを紡ぎ出してくれるのか・・・

 

あぁ、人間讃歌。

 

 今回のショーイングの詳しい情報や、チケットのお申し込み方法はこちら

それでは、劇場でお会いしましょう!