ARCHITANZ(アーキタンツ) | 東京都・田町(三田)のバレエを中心としたスタジオ

ブログ

2018.11.29

年末ピアノスケジュール公開!

スタッフブログ

皆さま!お待たせいたしました!

お問い合わせ頂いておりました年末のピアノスケジュールを公開いたします☃✨

 

※講師はタイムテーブルをご確認ください。
※やむを得ない事情で変更になる場合もございます。ご了承下さい。

 

上記のとおり、12/21から1/1の間、英国ロイヤル・バレエ団でも伴奏している

ショーン・ホームズ氏がオープンクラスにやってきます♪

数多くのカンパニー、教師との経験から、クラシックからポップミュージック、ジャズなどなど多くのジャンルの音楽を弾いてくださるショーンのピアノは、単純に耳で聞いているだけでも楽しく、皆さまに大人気のピアニストさんです🎶

 

今回もどんな演奏をして下さるのか…今から楽しみです💖

 

いよいよ12月!アーキタンツは年末年始も休まず営業いたします😊

スケジュールは少し変則的になっていますので、ホームページやTwitter,Facebookなどでご確認よろしくお願い致します。

 

2018年の締めくくり!素敵な時間をアーキタンツでお過ごし下さい

皆さまのお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております♪

 

 

 

ショーン・ホームズ|Shaun Holmes

現在はフリーランスのピアニストとして活躍中。

英国ロイヤル・バレエ団、イングリッシュ・ナショナル・バレエ、マイケル・クラーク・カンパニー等々、多くのカンパニーで伴奏をしており、特にロンドンのパイナップル・ダンス・スタジオでは、最も長く伴奏を行っているピアニストである。

ロイヤル・ナショナル・シアター主催の『カルーセル』(演出:ニコラス・ハイトナー、振付:ケネス・マクミラン)では、オーディションやリハーサルにて伴奏を務めた。

また、ロンドンスタジオセンターでミュージシャンのコーディネータとして学校の全クラス、リハーサルなどの伴奏のスケジュールをコントロールしながら自身もクラス伴奏を担当する他、ロイヤルアカデミー・オブ・ダンスに音楽に関するレポートを提供するなど、芸術関係の教育機関との繋がりも多い。

2007年にはマドンナともタックを組み、彼女の監督デビュー作、映画「Filth & Wisdom」では彼が弾いた曲を選んだ後、自身が作曲した曲をサウンドトラック用に収録するなど、各方面で活躍し続けている。

ショーン・ホームズHP・・・http://shaunholmesmusic.com/news/