ARCHITANZ(アーキタンツ) | 東京都・田町(三田)のバレエを中心としたスタジオ

ブログ

2018.11.09

ボンジュール!マチュー先生!ようこそアーキタンツへ

バレエ コンテンポラリーダンス

今月のゲスト講師マチュー・ルビエール先生のクラスが昨日よりスタートしました!✨
今回はバレエ クラスとコンテンポラリークラス各2回ずつを担当していただきます。


まだフランスとの時差ボケが治らず、ややお疲れのご様子でしたが、クラスが始まるとなんとパワフルなこと!!


身体の軸を作りながらも、流れと動きのあるバーで気持ちよくセンターへ進みます先生のバレエクラス。そして、マチュー先生はクラス内でとてもユーモラスでお茶目!皆さん自然と笑顔が溢れていました😁 

 

マチュー先生のバレエクラスは残念ながら本日までですが、明日と明後日の2回に渡り、コンテンポラリーダンスクラスをご指導いただきます。是非一度ご受講くださいませ✨

 

【コンテンポラリークラス詳細】

11月10日㈯ 17:30-19:00 @02 studio

11月11日㈰ 15:45-17:15 @02 studio


【コンテクラス内容】

ナチョ・ドゥアトのレパートリークラス


現代最高の振付家の一人と称される元スペイン国ダンスカンパニー芸術監督ナチョ・ドゥアト。そんな彼の下でダンサーとして活躍したマチューが、今回特別にドゥアトの振付作品「Rassemblement」の一部抜粋を教えて下さるレパートリークラスを開催致します!(※作品の詳細はこちら


※持ち物※

ショール、或いは、大きめのストールやタオル


 

【コンテクラスレベル・対象】
初中級(中学生以上)


【コンテクラス受講料】
¥2500
※Aチケット、Bチケットもご利用いただけます。
※各種チケット購入時のみ、クレジットカード利用可能。
詳細はこちら


【講師プロフィール】

Mathieu Rouviere | マチュー・ルビエール

フランスのマンド出身。15歳でマルセイユ国立高等舞踊学校に入学。ローラン・プティやドミニク・カルフーニなどの下で学ぶ。卒業後はジュンヌ・バレエ ・ドゥ・フランスに所属。1997年よりチューリッヒ・オペラ・バレエ団に入団し、同団のレパートリーに加え、ジョージ・バランシン、マース・カニングハムなどの様々な振付家の作品を踊る。2003年、ナチョ・ドゥアト率いるスペイン国立バレエ団マドリードに移籍。ドゥアトの作品の他マッツ・エック、ヤコポ・ゴダーニ、ウィリアム・フォーサイスなどの作品に出演。

2009年、カナダのモントリオールに拠点を置くレ・グラン・バレエ・カナディアンに所属し、イリ・キリアンの『Bella Figura』、マッツ・エック『The Sleeping Beauty』、オハッド・ナハリン『Minus1』に出演。翌年フランスに戻り、ダンサーとしてのキャリアを終える2015年までリヨンオペラ座バレエで活躍。

現在はダンス指導者として活躍の場を広げ、フランスのリヨンを拠点に活動し、バーゼルバレエ やドレスデン・フランクフルト・ダンスカンパニーにてゲスト講師を務める。