ARCHITANZ(アーキタンツ) | 東京都・田町(三田)のバレエを中心としたスタジオ

ブログ

2019.08.29

いのちみじかし、おどれよおとめ

バレエ

本日29日(木)がGiovanni先生のラストクラスでした!

約1ヶ月半という長期に渡って指導してくださったGiovanni先生。

その間クラスで教える傍ら、『ARCHITANZ 2020』に向けたリハーサルで指導もしてくれていたGiovanni先生。

相当多忙だったと思います。

本当にありがとうございました!

 

そんなGiovanni先生との思い出は、朝から晩まで頑張ったあとのビール!

この滞在期間中、何度か一緒に飲みに行きました。

その際、バレエに関係ないあ〜んなことやこ〜んなことも話しましたが、やっぱり一番印象に残っているのはバレエ作品に対する情熱!

 

特に、『ラフマニノフ・ピアノコンチェルト第3番』

 

Giovanni先生がこの作品の振付家ウヴェ・ショルツの元で経験したことや直接言われたこと。

ウヴェ・ショルツがこの作品を通して何をダンサーに求めていたのか、またGiovanni先生はこの作品を通して何をダンサーに掴み取ってほしいのか。

次から次へと出てくる、出てくる作品愛。

溢れんばかりの情熱!、そして凄まじい熱量!!

普段は優しくてほわ〜っとした感じのGiovanni先生ですが、この時ばかりはキリッと真剣そのもの。

 

今回この作品に参加するダンサーの皆さんが少しでもより多くGiovanni先生の熱い思いを理解し、ウヴェからGiovanni先生が引き継いだものをさらに引き継いでいくことが出来たら、これはとんでもない作品になることでしょう。

ラフマニノフ・ピアノコンチェルト第3番』、期待したいです!

 

そんな感じでまだ観ぬ来年の作品に思いを馳せながら、酔っぱらい達の夜は更けていくのでした。笑

サイコーかよ!!