ARCHITANZ(アーキタンツ) | 東京都・田町(三田)のバレエを中心としたスタジオ

ブログ

2018.05.23

4日間限定!!ダミアン・ジャレによるコンテクラス

コンテンポラリーダンス

いよいよ今週末から、ダミアン・ジャレによるコンテンポラリーダンスクラスがスタートします!!

今回は、ダミアンの動きの根底にあるテクニックを習得する「テクニック・クラス」と、「レパートリー・クラス」をそれぞれ2日ずつ開催。

レパートリークラスでは、代表作『Babel(words)』(シディラルビ・シェルカウイとの共作) からフレーズを抜粋し、実際に踊ってみます。

その作品の映像がこちら↓

 

あらかじめ、どんな作品か知って参加すれば安心!! イメージもつかみやすいですよね😉

 

実は、ダミアンがアーキタンツでクラスを開催するのは3年ぶり!!

前回も多くの方に参加して頂きました。今回も、フロアーワーク中心のクラスとなります。

クラスのイメージを掴んでいただくために、前回のクラスの様子をご紹介します!

 

↑前回同様、エミリオスに全クラスアシスタントとしてクラスに入って頂きます!!

 

↑クラス中垣間見える、先生のお茶目な様子も…😁

 

今回も内容の濃い4日間になること間違いなしですね!!

クラスの詳細はこちらからチェックしてくださいね👆🏻

 

【クラス詳細】

「テクニック・クラス」
5月26日(土)19:15-21:15 @01
5月27日(日)19:15-21:15 @01

「レパートリー・クラス」
5月28日(月)19:15-21:15 @03
5月29日(火)19:15-21:15 @03

 

受講料:3,000円
お得なクラスチケットもご利用頂けます。
チケットの詳細はこちら

※ご予約は必要ありません。スタジオに直接お越し下さい。
クラス開始の30分前より受付を行います。

 

【講師プロフィール】

ダミアン・ジャレ|Damien Jalet

世界的に活躍するインディペンデントの振付家、ダンサー。
これまでに、数々の振付家やダンスカンパニーと共演、共作している。
主なアーティストやバレエ団に、シディ・ラルビ・シェルカウイ(『バベル』『Aleko』『Sin』『ボレロ』『テズカ』を共同制作)、ウィム・ヴァンデケイビュス(『天国と地獄の日』)、アクラム・カーン(『デッシュ』)、パリ・オペラ座バレエ団、サシャ・ワルツ&ゲスト、レ・バレエ・セ・ド・ラ・ベー、ヨーテボリ・ダンス・カンパニー、アイスランド・ダンス・カンパニー(『トランスアクアニア』)、スコティッシュ・ダンス・シアター、エルナ・オーマスドテル、チャンキー・ムーヴ (『ブラック・マロウ』)、などがある。

ミュージシャン、演出家、映画監督、デザイナーなどともコラボしており、アントニー・ゴームリー、ジム・ホッジス、アーサー・ノウジシエル、ニック・ナイト、クリストファー・ドイル、フェネス、エディターズ、フローレンス&ザ マシーン、オルロフ・アルナルズ、レディー&バード、バーナード・ウィルヘルム、リカルド・ティッシュなどが例に挙げられる。また、レ・メデューサはルーブル美術館で上演されている作品。

教師としても、ピナ・バウシュ率いるカンパニー・ヴッパタール、ウィーンのインプルスタンツ、キャロライン・カールソンのアトリエ・ド・パリ、ニュー・ヨークのパネッタ・ムーヴメント・センターなどで教えている。

2013年には、フランス政府より芸術文化勲章シュヴァリエ章を受章。オリバー賞を二賞、アイスランドやドイツにて最優秀振り付賞受賞など受賞歴も多数。

ダミアン・ジャレ公式ウェブサイト
http://www.damienjalet.com/

 

皆さまのお越しをお待ちしております🍀🍀