ARCHITANZ(アーキタンツ) | 東京都・田町(三田)のバレエを中心としたスタジオ

インストラクター

Mai Setogawa瀬戸川 舞

◇レギュラー担当枠◇
木曜日 13:45~15:15

【プロフィール】
桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業。
ピアノを松村百合子、仁科光子、重松正大、鶴園紫磯子の各氏に師事。
室内楽、伴奏法を、志賀信雄、二宮和子、四戸世紀、石島正博、三上桂子の各氏に師事。
ピアノソロの公開レッスン、マスタークラスにて、ミハイル・ヴォスクレセンスキー、ジョルジュ・ナードル、ジャック・ルヴィエ、練木繁夫の各氏に指導を受ける。
2015年 第19回ブルクハルト国際音楽コンクール第4位。
2015年 及川音楽事務所 第35回新人オーディション最優秀新人賞第2位。
2016年2月 渡墺し、東京国際芸術協会より学費全額免除にて、ウィーンムジークセミナーに参加、修了。
2010年9月より7年間、K-BALLET GROUP専属ピアニストとして在籍。熊川哲也氏をはじめとする著名なダンサーのリハーサル、レッスン、公演での演奏を行う。TTC(バレエ教師育成プログラム)やPTC(バレエピアニスト育成プログラム)の講師を務め、後進の育成にも取り組む。
現在、フリーランス。東京バレエ団・バレエ学校、スタジオアーキタンツ、エンジェルアールバレエスタジオ、チャコットダンススタジオなど都内多数にて活動中。
音楽と舞踊の親和性の高い演奏を目指しており、単一的にダンサーに合わせるのではなく、音楽的な観点からアプローチするよう心がけている。
また、海外バレエ学校講習会やオーディションのピアニストも務める他、2017年11月にモーリス・ベジャール・バレエ団、2018年5月にバーミンガム・ロイヤル・バレエ団の来日公演のレッスンピアニストを務め、高い評価を得ている。主に英国バレエがレパートリーの中心だが、近年では東京バレエ団芸術監督 斎藤友佳理氏の下、ブルメイステル版「白鳥の湖」、ラコット版「ラ・シルフィード」のリハーサルピアニストを務めるなど、その幅を広げている。
Apollōn&Musa主宰。
クラシックバレエグループ「nero」を結成、プロデュースを行う。

現在の講師

過去の講師