ARCHITANZ(アーキタンツ) | 東京都・田町(三田)のバレエを中心としたスタジオ

インストラクター

Katsumi Eto江藤 勝己

◇レギュラー担当枠◇
火曜日 10:15~11:45

【プロフィール】
クラシックバレエを三樹和子、橋浦勇氏に、ピアノを竹腰臣氏に、指揮を高階正光氏に師事。

振付家として、数多くの全幕バレエを全国各地のバレエ団、研究所等で行っている。日本バレエ協会では、2009都民芸術フェスティバル「眠れる森の美女」のバレエマスター、2010「ピアノ・コンチェルト」、2013「マリー・アントワネット」等の作品を発表し好評を得る。2004年『眠れる森の美女』全曲版の演出、振付、指揮者としてデビュー。その後、『白鳥の湖』、『ジゼル』等の演出、振付、指揮を同時に行っている。

バレエピアニストとして、バレエ・シャンブルウエスト、(財)スターダンサーズバレエ団、香港バレエ団等で活躍。新国立劇場バレエ団設立時より、専属ピアニストとして、全公演のリハーサル・ピアノを担当。

2003年バレエ・シャンブルウエスト『タチヤーナ』の選曲を行い、ロシア公演にて高く評価される。同バレエ団では、『LUNA』、『ブランカ』、『おやゆび姫』等の選曲を行うほか、バレエ団公演の指揮を務めている。

発売されているレッスンCDは30種類を超え、バレエ教師、振付家、ピアニスト、指揮者、有機農業士として活動中。、公益社団法人日本バレエ協会理事、京都バレエ専門学校講師。

現在の講師

過去の講師