ARCHITANZ(アーキタンツ) | 東京都・田町(三田)のバレエを中心としたスタジオ

ブログ

2018.11.23

「HANAGOー花子ー」チラシ撮影の裏側に密着!

HANAGO


皆さま、一度は手に取ってご覧いただけましたでしょうか?2月に開催される公演「HANAGO-花子-」のチラシ!



出演される酒井はなさんの凛とした眼差しとインパクトのあるこのヘアスタイル!一度見たら忘れられないチラシですよね。

では、このチラシがどのようにして出来上がったのか、本日はその撮影秘話を皆さまにお話したいと思います!


初夏某日、都内スタジオでHANAGOのチラシ撮影を行いました。撮影には、今回チラシのデザインを担当してくださったmograph小山睦浩さん(写真中央)も現場に立ち会ってくださり、森山開次さんや撮影スタッフの皆さんと話し合いながらイメージを具体的な形にしていきます。2つの扇が象徴的な班女のお話を、扇と髪型で表現というアイディアは小山さんからの提案でした。


写真を担当してくださった池谷友秀さん。


出演者の見せる一瞬の表情も逃さずにおさえる姿に圧巻です。


そして、この印象的な髪型を創り上げたのが、ヘアメイクを担当してくださった松本順(tsujimanagement)さん。



酒井はなさんの美しさをさらに引き立てながらも、松本さんの独創的な世界を創り上げていらっしゃいました。



今回が10回目の出演となる能楽師・津村禮次郎さんからは扇子の扱いや着物の着方などを手解きいただきました。

そして、皆さまお気づきになりましたか…?この背景。


実は、あの雰囲気を演出するために、白いスクリーンを設置し、その背後からプロジェクターで色とりどりの映像を投影していました!そして、それをゆっくりのシャッター速度で撮影することにより、チラシのように酒井はなさんがふわっと浮き出ているかのような画が実現できたのです!



森山さんの酒井さんを見つめる表情。演出家としての心意気がこちらにも伝わってきます。


このように、素晴らしいアーティストの皆さまの創造と技術が集結して出来上がったチラシ「HANAGO−花子−」。まだお手元にない方は是非アーキタンツへ。

伝統と創造シリーズvol.10『HANAGO−花子−』は、2019年2月22日(金)から2月25日(月)までの上演を予定しております。11月22日より一般発売も始まりました。お席には限りがございますので、チケットのお買い求めはお早めに!



▽公演・チケット情報詳細▽

セルリアンタワー能楽堂公式サイト

▽アーキタンツのHANAGOブログ▽
スタジオアーキタンツ公式サイトより