ARCHITANZ(アーキタンツ) | 東京都・田町(三田)のバレエを中心としたスタジオ

インストラクター

Uran Hirosaki広崎うらん

3歳の時、踊る喜びを知る。幼少よりモダンダンス、ピアノ、作曲、絵画、華道、茶道、書道と、習い事とマンガに費やす。5歳よりストーリーマンガを描き、中学の時の夢は「最年少でマンガ家デビューし、映画化し、監督をやること!」 。 その後もダンス、バンド、美術、マンガ、 応援団と青春を謳歌し、大学ではグラフィックデザインを学びつつクラッシック・バレエ、 ジャズ、ヒップ・ホップ、ストリートダンス、タップ、ボールルームダンス、アルゼンチンタンゴ、 リンディホップなど様々なダンスを習得。 ダンス番組にダンスエキストラとして出演し、司会にまで登り詰め、渡辺プロダクションにスカウトされバラエティタレントとして、食と旅のリポーター、ドラマや舞台では女優、またFMラジオのパーソナリティとして活躍。蜷川幸雄演出「ロミオとジュリエット」出演をきっかけに2001年より振付師として本格的に起用される。その後も役者、また振付師として10数年に渡り蜷川幸雄の舞台に数多く携わる。高齢者の演劇集団『さいたまゴールドシアター』のダンス指導に携わり、自身のプロデュースするREVOとのコラボレーションを2007年より始める。演出家ジョン・ケアードの推薦を受け2012年秋 より文化庁新進芸術家海外派遣員として渡欧。演劇、ダンス、オペラ、タンツテアターの現場へと飛び回る。

現在はコレオグラファー、演出家として演劇、ミュージカル、オペラ、コンサート、TVなど 様々なフィールドで活動中。REVO 主宰。

バラエティタレント、リポーターとして日本全国、世界を旅し、様々な人々と触れ合い、また演劇性の高い数多くの演出家とのコラボレーションで培われたヒューマニズム溢れる作品創りが特徴。ムーブメントクリエイターとして作品に貢献し、卓越したダンサーから、役者、歌手、子供から高齢者まで、様々な人物の特性を活かした柔軟なステージングを得意とする。

現在の講師

今後の講師

過去の講師