ARCHITANZ(アーキタンツ) | 東京都・田町(三田)のバレエを中心としたスタジオ

インストラクター

Rena Narumi鳴海令那

3歳からクラシックバレエを始め、15歳よりフランスで工藤大貳、ドミニク・カルフーニ、その後カナダ(Arts Umbrella)にてアルテミス・ゴードンに師事、バレエ、コンテンポ
ラリーダンスを学ぶ。
2009年よりクリスタル・パイト率いるKidd Pivot( キッド・ピボット)、2011年~ドイツ ウィースバデン州立劇場、2013年~スウェーデン王立バレエ団、2015年~ネザーランド
ダンスシアタ1(NDT1)に所属。これまでにクリスタル・パイト、マッツ・エック、オハッド・ナハリン、ポール・ライトフット&ソール・レオン、メディ・ワレースキ、ヨハン・インガー、ステファン・トス、アレクサンダー・エクマン、シャローン・イガール、フランク・シャルティエ、ガブリエラ・カリーソ(ピーピング・トム)他、世界で活躍されている振付家の作品に多数出演し、
世界各国主要劇場で公演。スウェーデン王立バレエ団ではマッツ・エック版 "ジュリエットとロミオ"で主役を務め、パリ・オペラ座ガルニエ宮始め、ヨーロッパ各地で公演、2015年ダンスヨーロッパ誌にて最優秀ダンサーに選ばれる。
2014年のノーベル賞晩餐会で児玉北斗氏とデュエットを披露。
2019年NDT1来日公演で話題となった、2016年初演「ザ・ステイトメント」オリジナルキャスト。MezzoTVフィルム収録。
2018年より現在はKidd Pivot に所属する傍ら、オランダを拠点にゲストアーティストとしてNDTやBallet BC(バレエ・ブリティッシュコロンビア)など様々なプロジェクトに出演。
Kidd Pivot 振付家クリスタル・パイト/脚本家ジョナサン・ヤングによる最新作「Revisor(リバイザー)」にクリエーションから参加。今後も世界ツアーが予定されている。

©Carl Thorborg

現在の講師

過去の講師