ARCHITANZ(アーキタンツ) | 東京都・田町(三田)のバレエを中心としたスタジオ

インストラクター

Fukiko Takase高瀬譜希子

ダンサー / 振付家/ 教師
ニューヨーク生まれ、日本育ち。高瀬多佳子、折田克子に師事。両親をダンサーに持つ彼女はスタジオや舞台が周りにある環境で育ち、自身も2歳の頃からダンスを始める。14歳の時より舞踊コンクールに出場するのがきっかけとなり、自作自演ソロの振り付けを始 め彼女独特の個性を確立していく。数年以内に殆どの日本の舞踊コンクールのモダンカテゴリ で優勝を収め、後に文化庁在外研修員として3年間、Codarts Rotterdam Dance Academyと London Contemporary Dance Schoolで更にトレーニングを重ねる。
2006年-2018年Henri Oguike Dance Company及びCompany Wayne McGregor入団、イギリス国内外で活躍。2018年独立、振付家、ダンサー、教師として活躍の場を世界に広げる。オペラ作品 「Don Juan Techno Club」振付、ドイツNuremberg初演。宇多田ヒカル作曲「Forevermore」 ミュージックビデオ振付、宇多田ヒカル「Laugher in the Dark Tour」に、ソロダンサーとして抜擢。UNIQLO、TOYOTA、Diner’s Club CM出演及び、オノ•ヨーコ作品「Cut Piece」出演。2021年Shobana Jeyasingh 作品「Contagion 」出演、Notting Hill Outside In Festivalにて新作「See Art Through the Body」イギリスロンドン初演。Akram Khan Company入団。四国大学名誉教授に認定される。
教師としては、Russia Bolshoi school of BalletやLondon Contemporary Dance School、 University of North Carolina School of Arts、San Francisco Ballet Schoolといった学校での指導振付。また、スイスや日本、オランダ、セネガル、デンマーク、アメリカといった国のコミュ ニティ参加型のプロジェクトにも講師、振付家として参加。

現在の講師

今後の講師

過去の講師